VESTI/NEWS

2001.1〜6

01/06/29 ヨヴァン・スタンコヴィッチ、アトレティコ・デ・マドリーへ移籍
マルセイユ所属のヨヴァン・スタンコヴィッチの、アトレティコ・デ・マドリーへの移籍決定。3年契約でサイン。
01/06/28 ユーゴ0−2パラグアイ
東京で行われた親善試合キリンカップでのパラグアイ代表との試合は0−2の敗戦。詳しくはこちら
01/06/25 ユーゴ代表来日
ユーゴスラヴィア代表が来日、都内の宿舎にてピクシーもお出迎え。
01/06/24 ジヴコヴィッチ、緊急召集
デヤン・イリッチが怪我のため、代わりとしてジュビロ磐田所属のアレクサンダル・ジヴコヴィッチが召集された。
01/06/23 キリンカップでのユーゴ代表メンバー変更
グヴォズデノヴィッチが怪我のため、代わりとしてスティエスカ所属のダミール・チャカルが召集された。
01/06/21 キリンカップでのユーゴ代表
日本で行われるキリンカップでのユーゴ代表18人が発表された。メンバーはこちら
国外でプレイしている選手の多くはオフと移籍などにともなう来季の準備の為、また、ズヴェズダとパルティザンの主力はヨーロッパカップの準備の為、召集されなかった模様。
01/06/20 ツルヴェナ・ズヴェズダ、リーグ優勝
ユーゴ・リーグは全日程を終了、優勝はツルヴェナ・ズヴェズダ。得点王は27点でOFKのペタル・ディヴィッチ。ズヴェズダはチャンピオンズリーグ、2位&ユーゴ・カップ優勝のパルティザンと3位のオビリッチはUEFAカップ、4位のサルティドはインター・トト・カップに出場する。 なお、降格はブドゥチノスト、ナプレダク、ラドニチキ・ニシュ、ミリツィオナール。
01/06/20 「悪者見参」文庫版
木村元彦氏の「悪者見参 ユーゴスラビアサッカー戦記」文庫版が集英社文庫より発売。文庫化にあたり、新たに書き下ろした追章を収録。
01/06/15 フィオレンティーナ、デキの移籍を公式発表
フィオレンティーナは、デキとダニエル・アンデション(バーリ)と契約したことを公式に発表した。
デキのコメント:僕は5年契約でサインした。大きな責任があると感じている。ここでより進歩したいと思うし、マンチーニ監督が僕に、より多くのことを教えてくれると思う。
01/06/12 ドルロヴィッチ、ベンフィカへ移籍
ドルロヴィッチが、FCポルトからライバルのベンフィカ・リスボンに移籍決定。2年契約でサイン。
01/06/12 ワールドサッカーグラフィック7月号
「KIRIN CUP 2001 PREVIEW」イヴァン・トミッチのインタヴュー掲載。連載「菊とフットボーラー」はクルプニことネボイシャ・クルプニコヴィッチ(元ガンバ大阪)を紹介。現在、ドイツブンデスリーガ2部のハノーバー96に在籍とのこと。
01/06/11 キリンカップの代表発表は17日
日本で行われるキリンカップでの代表メンバーは、日曜日に発表の予定。ピクシーの出場は確実と、ブラトヴィッチ事務総長は語っている。 代表は25日にユーゴを出発、翌月5日に帰国予定。
01/06/06 ユーゴ6−0フェロー諸島
フェロー諸島代表との試合は6−0の勝利。詳しくはこちら
01/06/02 ユーゴ1−1ロシア
モスクワで行われたロシア代表との試合は1−1の引き分け。詳しくはこちら
01/06/02 U-21ユーゴ 0−2 U-21ロシア
U-21ロシア代表との試合は0−2の敗戦。詳しくはこちら
01/05/29 デキ、フィオレンティーナへ移籍
デキのフィオレンティーナ移籍がほぼ決定した模様。3年契約、1000万ポンドで合意。ディレクターのスコンチェルティ氏は「最大の補強のひとつ」と語った。デキは、すでに住む家を選びにフィレンツェを訪れたとのこと。
デキのコメント:マネージャー(代理人?)たちは自分の仕事を終えた。来シーズンから、僕はフィオレンティーナのユニフォームを着るだろう。 ラツィオでの今シーズンは、どのポジションでプレイしたか、全くわからない程で、いつも役割が変わっていた。でも、来シーズンは、チームでの自分の場所を与えられるだろう。
01/05/27 ケジュマン、オランダ・リーグ得点王
ケジャが24得点で、今季のエールディヴィジ得点王になった。所属のPSVは既に優勝を決めている。ユトレヒトのイゴール・グルシュチェヴィッチは19得点で3位に。
01/05/27 対ロシア、フェロー諸島でのユーゴA代表
6月2日、6日に行われるロシア戦とフェロー諸島戦でのユーゴA代表23人が発表された。メンバーはこちら
01/05/27 ジョルジェヴィッチ、ギリシャ・リーグMVP
オリンピアコス所属のジョルジェヴィッチが、今季のギリシャ・リーグのMVPに選ばれた。
01/05/24 対ロシアでのU-21ユーゴ代表
6月2日にモスクワで行われるロシア戦でのU-21ユーゴ代表20人が発表された。メンバーはこちら
01/05/18 ブニェヴチェヴィッチ、トッテナム・ホットスパーへ移籍
ズヴェズダのキャプテン、ゴラン・ブニェヴチェヴィッチは、イングランドのトッテナム・ホットスパーへ移籍決定。5年契約、400万ポンドでサイン。
01/05/16 代表発表は27日
新体制になっての6月2日のロシア戦、6日のフェロー諸島戦のユーゴ代表メンバーは、27日に発表される予定。ロシア戦は、モスクワのルズニキ・スタジアムにて17時(ユーゴ時間)キックオフ。 なお累積警告でヨカノヴィッチ、ジョルジェヴィッチは出場停止。ユーゴヴィッチは怪我のため欠場が予想されている。
01/05/08 ピクシー、8月から代表監督?
ピクシーが8月にも、代表スタッフに名を連ねる可能性が高くなった、と中日スポーツが報じた。引退即監督就任に前向きな姿勢をみせたとのこと。
ピクシーのコメント:選手と(代表)監督と同時にはこなせないが、8月からなら、何の障害もない。
01/05/07 ジョリッチ代表監督解任
ユーゴスラヴィアサッカー協会は、ミロヴァン・ジョリッチ監督の解任を発表した。成績不振がその理由。6月のロシア戦、フェロー諸島戦の2試合については、元代表監督ヴヤディン・ボシュコフ、デヤン・サヴィチェヴィッチ、パルティザンの会長イヴァン・チュルコヴィッチの三頭体制で率いることに。 その後予定されているFSJの選挙後に、正式に新監督を決定する予定。
01/04/25 キリンカップ2001 チケット発売詳細
日本サッカー協会は、キリンカップ2001のチケット発売詳細について発表。5月4日からファミリーマート予約先行販売、20日から一般発売。詳しくは日本サッカー協会のHPへ。
01/04/25 ユーゴ0−1ロシア
ベオグラードは"マラカナ"で行われたロシア代表との試合は0−1の敗戦。詳しくはこちら
01/04/25 U-21ユーゴ 2−2 U-21ロシア
ベオグラードは、スタディオン・オビリッチで行われたU-21ロシア代表との試合は2−2の引き分け。詳しくはこちら
01/04/19 対ロシアでのユーゴA代表
25日にベオグラード、スタディオン・ツルヴェナ・ズヴェズダ"マラカナ"で行われるロシア戦でのユーゴA代表21人が発表された。メンバーはこちら
01/04/18 対ロシアでのU-21ユーゴ代表
25日にベオグラード、スタディオン・オビリッチで行われるロシア戦でのU-21ユーゴ代表が発表された。メンバーはこちら
01/04/17 ピクシー、家族とともにCM出演
ピクシーが、家族とともに「サークルKの割子そば」のCMに出演。17日から5月中旬までオン・エアー予定。
01/04/10 ピクシー、Jリーグオールスター出場辞退
ピクシーが、8月4日に豊田スタジアムで行われるJリーグオールスターに出場しないと語った。7月21日に引退した後、家族とともに離日しパリに移住するため。秋に計画されている、豊田スタジアムでの引退試合については、前向きに考えているとのこと。
ピクシーのコメント:(川渕チェアマンが出場を熱望していることに対して)光栄だが、日程的に難しい。残念ながら、受け入れられない。家族のことが最優先。引退後2週間、日本に止まることは無理だ。
01/04/09 ユーゴヴィッチ、引退撤回
ユーガが、ミラノまで来たジョリッチ監督の説得に応じて、代表引退を撤回した。
01/04/06 ユーゴヴィッチ、代表引退
ユーガが、「Glas-javnosti」紙上で代表引退を表明。代表のプレッシャーに耐えられなくなったことが主な理由だが、ジョリッチ監督の急な若返り策についても批判した。
01/03/29 ヨカノヴィッチ、代表引退
ヨカノヴィッチが、スロヴェニア戦後に代表引退を表明。ただしロシア戦には、召集されれば応じるとのこと。
01/03/28 ユーゴ1−1スロヴェニア
スロヴェニアはリュブリャナで行われたスロヴェニア代表との試合は1−1の引き分け。詳しくはこちら
01/03/27 U-21ユーゴ 2−1 U-21スロヴェニア
スロヴェニアはドラヴォグラドで行われたU-21スロヴェニア代表との試合は2−1の勝利。詳しくはこちら
01/03/24 ユーゴ1−1スイス
ベオグラードで行われたスイス代表との試合は1−1の引き分け。詳しくはこちら
01/03/23 U-21ユーゴ 3−3 U-21スイス
ノヴィ・サドで行われたU-21スイス代表との試合は3−3の引き分け。詳しくはこちら
01/03/23 クルスタイッチ、追加召集
ミルコヴィッチの代役として、ブレーメン所属のムラデン・クルスタイッチが追加召集される模様。
01/03/23 ATHRA創刊号
「肉体は語る ドラガン・ストイコビッチ」ピクシーのパフォーマンスの肉体的裏付けに迫る。
01/03/22 ミルコヴィッチ、スイス戦欠場
バタ・ミルコヴィッチはトレーニング中に筋肉を痛め、スイス戦は欠場する見込み。スロヴェニア戦に向け準備はしているが、欠場の可能性が高い。U-21のマルヤン・マルコヴィッチを代わりに召集することも考えられている。
01/03/19 A代表メンバー追加
サルティド所属のMF、ボリス・ヴァスコヴィッチが追加召集された。20人で2試合に臨む。メンバーはこちら
01/03/18 対スイス、スロヴェニアでのユーゴA代表
24日にベオグラードで行われるスイス戦、28日にリュブリャナで行われるスロヴェニア戦でのユーゴA代表19人が発表された。メンバーはこちら
01/03/18 対スイス、スロヴェニアでのU-21ユーゴ代表
23日にノヴィ・サドで行われるスイス戦、27日にドラヴォグラドで行われるスロヴェニア戦でのU-21ユーゴ代表が発表された。メンバーはこちら
01/03/15 キリンカップ2001
日本サッカー協会は、キリンカップ2001の大会実地概要を発表。パラグライ代表とユーゴスラヴィア代表を招待する。
第1戦 6月28日(木)19:00 パラグアイXユーゴスラヴィア (国立)
第2戦 7月1日(日)15:00 日本Xパラグアイ (札幌)
第3戦 7月4日(水)19:00 日本Xユーゴスラヴィア (大分)
01/03/15 W杯予選、ピクシーとページャは召集せず
24日のスイス戦、28日のスロヴァニア戦の2試合に、ピクシーとページャは召集されない模様。ページャは、監督が協会やメディアやファンから、代表チームの世代交代を迫られているとして、自ら辞退した。詳しくは"MEMORANDUM"へ。
01/03/09 ジュキッチ、バレンシアと契約延長
ジュキッチは、アングロマ、カルボーニと共にバレンシアと一年契約を延長した。
01/03/07 115デルビーはズヴェズダの勝利
サポーターによる騒乱で試合が中断、延期となっていたズヴェズダvsパルティザンのベオグラード・ダービーは、2−0でズヴェズダの勝利。 昨日移籍したばかりのサヴェリッチも出場した。
01/03/07 週刊サッカーマガジン3/21
「ラストメッセージ」ピクシーのインタヴュー掲載。
01/03/06 サヴェリッチ、パルティザンへレンタル移籍
フランスのジロンダン・ド・ボルドー所属のニシャ・サヴェリッチは、古巣パルティザンへレンタル移籍。7日のデルビー(対ズヴェズダ)に出場する可能性もある。
01/03/06 ジョリッチ新監督、初の記者会見
ジョリッチ代表監督が、初の記者会見を行った。W杯予選24日のスイス戦、28日のスロヴェニア戦の代表選手発表は18日の予定。 なお、ホームのスイス戦はパルティザン・スタディオンで行われる。4月25日のロシア戦は"マラカナ"ツルヴェナ・ズヴェズダ・スタディオンで行う予定。
01/03/01 SPORTS Yeah! No.013
「最終章、始まる」ピクシーの記事掲載。
01/02/28 U-21ユーゴ0−1U-21ウクライナ
親善試合Banatski kup3位決定戦、U-21ウクライナ代表との試合は0−1の敗戦。4位に終わった。
01/02/27 ユーゴ新代表監督にジョリッチ氏
ユーゴスラヴィアサッカー協会は、ミロヴァン・ジョリッチ(57)を代表監督に推薦した。正式発表ではないが、就任はほぼ決定と見られる。同氏は前U-21代表監督。
01/02/26 U-21ユーゴ1−2U-21ルーマニア
ルーマニアはティミショアラで行われた親善試合Banatski kup、U-21ルーマニア代表との試合は1−2の敗戦。
01/02/22 Banatski kupでのU-21ユーゴ代表
26〜28日にルーマニアで行われる親善試合Banatski kupでのU-21ユーゴ代表が発表された。メンバーはこちら
01/02/20 ユーゴヴィッチとミヤトヴィッチ負傷
ユーガは左ふくらはぎの捻挫で全治15日。ページャは18日のレッジーナ戦で右鎖骨を脱臼、3週間はプレイできない模様。
01/02/17 FSJ選挙、延期
FSJの役員選挙が延期になった。22日には開催したいとしている。
01/02/10 ワールドサッカーグラフィック3月号
「母国の未来を見据える"妖精"の決意とビジョン」ピクシーのインタヴュー掲載。
01/02/07 週刊サッカーダイジェスト2/21
「妖精 最後の誓い」ピクシーのインタヴュー掲載。
01/02/06 ピクシー、代表監督就任報道を否定
ピクシーは次期代表監督候補と報じられたことに対して、就任の可能性を否定した。
ピクシーのコメント:それは協会の考えで、私の考えとは違う。今はプレイヤーだから、それに集中している。
01/02/06 U-21ユーゴ代表、ルーマニアで親善試合
U-21代表は、26〜28日にルーマニアの"Banatカップ"に参加する予定。ルーマニア代表の他、モルドヴァ、ウクライナも参加。
01/02/02 FSJ、ペトコヴィッチ監督辞任を正式に受理
FSJ(ユーゴサッカー協会)は、ペトコヴィッチ監督の辞任を満場一致で受理、契約を解消した。新監督は、17日に行われるFSJの役員選挙の後に指名される予定。
01/01/31 ヨヴァン・スタンコヴィッチ、マルセイユへ移籍
マジョルカ所属のヨヴァン・スタンコヴィッチは、フランスのオランピック・ド・マルセイユへ移籍決定。3年半契約、背番号は10。
01/01/31 ナジ、エルチェへレンタル移籍
オビエド所属のアルベルト・ナジは、今季終了までセグンダ(2部)のエルチェへレンタル移籍することが決定。
01/01/29 ペトコヴィッチ代表監督辞任
イリヤ・ペトコヴィッチ代表監督が辞任。2月18日に行われるFSJ(サッカー協会)の会長選挙に現ミリャニッチ会長が出馬せず、協会の首脳陣が入れ替わることを辞任の理由に挙げ、 また中国の上海申花からのオファーも理由のひとつであると語った。後任には現パルティザン監督のリュビシャ・トゥンバコヴィッチ氏が有力。
01/01/28 ピクシーのDVD発表
グランパスファン感謝イベント"HERE WE GO FESTIVAL 2001"にて、ピクシーの今までのプレイの数々を収録したDVD「ザ・レジェンド・オブ・ストイコビッチ(仮題)」の一部を上映。発売は9月27日。詳しくはこちらのHPへ。
01/01/28 デキ、1ヶ月ぶりに復帰
28日のフィオレンティーナ戦で、膝の負傷の癒えたデキが約1ヶ月ぶりにスタメン出場。74分までプレイした。
01/01/26 ピクシー、キリンカップ出場に意欲
ピクシーは、6月に内定しているキリンカップでのユーゴ代表の試合への出場を考えていると明言。その場合、代表最後の試合になると語った。
ピクシーのコメント:キリン杯には出るつもりだ。代表としての最後の試合になるだろう。キリン杯前に数試合出れば記録が達成できる。そうなればいいね。
01/01/25 ユーゴヴィッチ家に女児誕生
ユーガに女児誕生。ナタリヤと命名。Cestitam! ユーガはウィーンで出産に立ち会った後、翌日ミラノに戻ったとのこと。
01/01/25 ユーゴ2−0ボスニア ミレニアム・カップ優勝
インドはカルカッタで行われたミレニアム・カップ決勝、ボスニア代表との試合は2−0の勝利。詳しくはこちら。ミレニアム・カップを制した。写真はこちら
01/01/23 ユーゴ1−0全日本大学選抜
インドはカルカッタで行われたミレニアム・カップ準決勝、全日本大学選抜との試合は1−0の勝利。詳しくはこちら。決勝は25日、ボスニア代表と対戦する。
01/01/20 クラリ、パルティザンへ移籍
PSVアイントホーフェン所属のイヴィツァ・クラリは、古巣パルティザンにレンタル移籍。
01/01/20 ユーゴ2−0ルーマニア
インドはゴアで行われたミレニアム・カップ準々決勝、ルーマニア代表との試合は2−0の勝利。詳しくはこちら。 準決勝は23日に行われる。
01/01/17 ユーゴスラヴィア、FIFAランキング9位
17日に発表されたFIFAランキングでユーゴは前回と同じ9位。
01/01/17 U-21ユーゴ0−2U-21フランス
フランスはクレール・フォンテーヌで行われたU-21フランス代表との試合は0−2の敗戦。詳しくはこちら
01/01/16 ユーゴ4−1バングラディシュ
インドはコーチンで行われたバングラディシュ代表との試合は4−1の勝利。詳しくはこちら。 グループ1位で準々決勝進出。相手はルーマニアで、20日に行われる。
01/01/14 ユーゴ1−1ボスニア
インドはコーチンで行われたボスニア代表との試合は1−1のドロー。詳しくはこちら
01/01/11 ピクシー、ジャイッチ氏と話し合い
ピクシーは、ジャイッチ氏とズヴェズダのディレクター就任について話し合った模様。
01/01/11 キリンカップにユーゴスラヴィア代表参加
6/27〜7/4に開催予定のキリンカップに、ユーゴスラヴィア代表の参加が決定した模様。残りの一カ国は未定だが、イタリア、スペインという噂もある。
01/01/11 CALCiO2002 Vol.27
ミロシェヴィッチのインタヴュー掲載。
01/01/07 ミハ、移籍を示唆
ナポリ戦でPKを蹴る際、多数のラツィオ・サポーターからブーイングを受けたミハは、「ラツィオを離れる時が来たのかもしれない」と移籍を示唆。
01/01/05 対フランスでのU-21ユーゴ代表
17日に行われる親善試合フランス戦でのU-21ユーゴ代表が発表された。メンバーはこちら
01/01/03 ミレニアム・カップでのユーゴ代表メンバー変更
ミレニアム・スーパー・サッカー・カップでのユーゴ代表に選出された、オブラドヴィッチ、オスマノヴィッチ、フィリポヴィッチのオビリッチ所属の3選手が辞退。 代わりにミラン・ベリッチ(ヴォイヴォディナ)、イヴァン・イリッチ(ラドニチキ・ニシュ)、ミロシュ・クルシュチッチ(ゼムン)を召集。


Back