VESTI/NEWS

2002.1〜6

02/06/30 オビリッチ、インタートトカップ敗退
インタートトカップで、フィンランドのハカと対戦したオビリッチは、2戦合計スコア2−3(1-2、1-1)で敗退が決まった。
02/06/21 UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAカップ予備選
UEFAチャンピオンズリーグとUEFAカップ予備選のドローが発表された。
・UEFAチャンピオンズリーグ予備選2回戦 7/31、8/7
 パルティザン×ハマルビー(スウェーデン)
・UEFAカップ予備選 8/15、8/29
 ツルヴェナ・ズヴェズダ×カイラット・アルマトイ(カザフスタン)
 サルティド×バンゴール・シティ(ウェイルズ)
・UEFAインタートト・カップ 6/22、6/30
 オビリッチ×ハカ(フィンランド) 
02/06/18 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦、正式決定
8月21日のボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表との親善試合が正式に決定した。A代表はサライェヴォのコシェヴォ・スタジアムで、U-21代表の試合も同日にグルバヴィツァ・スタジアムで行われる。 9月7日はチェコ代表との親善試合を予定。
02/06/11 クリヴォカピッチ、ズヴェズダへ移籍
ヴォイヴォディナ所属のラドヴァン・クリヴォカピッチは、ツルヴェナ・ズヴェズダへ移籍決定。4年契約、背番号は10。
02/05/17 ユーゴ 1−1、PK6−5 ロシア
モスクワで行われたLGカップ3位決定戦、ロシア代表との試合は1−1の引き分け。PK戦は6−5で勝利し、3位に。詳しくはこちら
優勝はベラルーシ、2位はウクライナ。
02/05/17 ユーゴ 0−2 ウクライナ
モスクワで行われたLGカップ、ウクライナ代表との試合は0−2の敗戦。詳しくはこちら
19日の3位決定戦はロシア×ユーゴ、決勝はウクライナ×ベラルーシで争われる。
02/05/13 LGカップのユーゴ代表
17〜19日にロシアのモスクワで行われる4ヵ国トーナメント"LGカップ"のユーゴ代表24人が発表された。メンバーはこちら
ユーゴ代表は17日にウクライナ代表と対戦、19日に決勝もしくは3位決定戦に進む。
02/05/08 ユーゴ 0−1 エクアドル
アメリカ、ニュージャージーで行われたエクアドル代表との親善試合は0−1の敗戦。詳しくはこちら
02/05/04 U-17、欧州選手権ベスト8
デンマークで行われているU-17欧州選手権で、ユーゴ代表はグループリーグを2位で通過。準々決勝に進んだが、イングランドに0−1で負け敗退。詳しくはこちら
02/05/03 エクアドル戦のユーゴ代表
8日にアメリカ、ニュージャージーで行われるエクアドル戦のユーゴ代表19人が発表された。メンバーはこちら
02/04/27 ユーゴ代表 親善試合の予定
5月17〜19日 4ヵ国トーナメント(ロシア、ウクライナ、ベラルーシ) モスクワ(RUS)
7月1日か14日 vsチリ 
8月21日 vsボスニア・ヘルツェゴヴィナ サライェヴォ(A、U-21)
9月7日  vsイングランド、もしくはチェコ
9月4日はピクシー、デーヨ、ジュキッチの引退試合を予定。対戦相手は未定。
02/04/19 ミハに第四子誕生
ミハとアリアンナさんに第四子(男児)誕生。ドゥシャンと命名。Cestitam!
02/04/19 エクアドル戦続報
5月8日のエクアドル代表との親善試合は、アメリカのニュージャージー、ジャイアンツ・スタジアムで行われる。同スタジアムはMSLのメトロスターズの本拠地。 この試合から新ユニフォームを着用する予定。
02/04/17 ユーゴ 4−1 リトアニア
スメデレヴォで行われたリトアニア代表との親善試合は4−1の勝利。詳しくはこちら
02/04/16 U-21ユーゴ 1−2 U-21スペイン
スペインのセウタで行われたU-21スペイン代表との親善試合は1−2の敗戦。詳しくはこちら
02/04/15 リトアニア戦のメンバー変更
14日に発表されたメンバーのうち、ミロシェヴィッチ(所属クラブからの要望)とジョディッチ(膝の負傷)が辞退。代わりにオビリッチのDFネナド・ジョルジェヴィッチを召集。
02/04/14 リトアニア戦のユーゴ代表
17日にスメデレヴォで行われるリトアニア戦のユーゴ代表20人が発表された。メンバーはこちら
02/04/12 スペイン戦でのU-21ユーゴ代表
16日にスペインのセウタで行われる親善試合スペイン戦でのU-21ユーゴ代表18人が発表された。メンバーはこちら
02/04/05 ユーゴ代表、Lotto社と正式契約
FSJはベオグラードにて、イタリアのLotto社と正式にテクニカル・スポンサー契約を結んだ。Lotto社は今後6年間、ユーゴ代表のすべてのカテゴリーにユニフォーム等を提供する。 新ユニフォームのデザインはこちら
ちなみにLottoと契約している主な代表選手は、コヴァチェヴィッチ、ミロシェヴィッチ、ヨカノヴィッチ、ミルコヴィッチ。
02/04/04 フランス戦、正式決定
11月20日のフランス代表との親善試合が正式に決定した。パリのサン・ドニ "スタッド・ド・フランス"で行われる。 ベオグラードでのイングランド戦は9月7日を予定しているが、同日にチェコからも親善試合の申込みがあった模様。
02/04/03 ジュキッチ、バレンシアと契約延長
バレンシアは、ジュキッチと1年の契約延長に合意したと発表した。
02/04/02 4月17日はリトアニア戦
FSJは4月17日にリトアニア代表との親善試合が決まったと発表した。会場はスメデレヴォにあるスタディオンFKサルティド "トヴルジャヴァ"。
5月8日にはエクアドル代表との親善試合を、アメリカのシカゴ、ニューヨーク、プリンストンのいずれかで行う予定。 イングランド代表との試合は、両国のEURO予選試合がない9月になる模様。
02/03/27 ユーゴ 0−1 ブラジル
ブラジルはフォルタレーザで行われたブラジル代表との親善試合は0−1の敗戦。詳しくはこちら
02/03/22 ズヴェズダの選手、襲撃される
金曜日のマラカナでのトレーニング中、ズヴェズダの選手達は侵入してきた覆面をしたウルトラたちに、バットやスティックで襲撃され、一部選手の車も破壊された。 その後襲撃した11人は逮捕された模様。このため、土曜日に行われる予定だったOFK戦は火曜日に延期となった。

ピクシーのコメント:ユーゴ・フットボールの大きな汚点だ。悪い結果ゆえのサポーターのフラストレーションは理解できるが、こんなことでは何の解決にもならない。 誰もが起きて欲しくないと思っていたことが、起きてしまった。私は驚きのあまり呆然となった。このようなことが起きるのは、ラツィオやフィオレンティーナの例を見てのことだろうが、そんなことをしても全く良くならない。 サポーターは、負けもサッカーを構成する一部であると理解しなくてはならない。しかも、ズヴェズダは(ウィンターブレイク明けから)一度も負けていないのだから。 (4試合で)2つの引き分けと2つの勝利、そのような結果はすべてのチームにとって普通のことだ。
02/03/22 ブラジル戦のユーゴ代表
27日にブラジルのフォルタレーザで行われるブラジル戦のユーゴ代表20人が発表された。メンバーはこちら
デヤン・スタンコヴィッチはメキシコ戦のレッドカードのため出場停止、ユーゴヴィッチは怪我のため召集せず。
02/03/15 11月20日はフランス戦
FSJは11月20日にパリでのフランス代表との親善試合を発表した。フランスとは来年にもベオグラードでの対戦を予定。 4月17日の南アフリカ戦は、経済的に難しくなっている模様。 9月にはベオグラードでのイングランド代表か、スペイン代表との親善試合を希望している。
02/03/14 「ユーゴスラヴィア」から「セルビア・モンテネグロ」へ
ユーゴスラビア連邦を構成するセルビアのジンジッチ首相とモンテネグロのジュカノビッチ大統領は14日、コシュトゥニッツァ連邦大統領とともに、ユーゴ連邦を再編し新たな「共同国家」を形成する基本合意に調印した。旧ユーゴを経て92年に発足した新「ユーゴ連邦」は消滅する一方、モンテネグロの独立は回避の見通し。(毎日新聞)

これを受けて、ユーゴスラヴィア代表も名前を新国名「セルビア・モンテネグロ(スルビヤ・イ・ツルナゴーラ)(仮称)」に倣うとFSJのブラトヴィッチ事務局長は語った。これに伴いエンブレムも変更するため、Lotto社に新ユニフォームの製造中断を申し入れた。 27日のブラジル戦は「ユーゴスラヴィア」として対戦する。今後、正式に国名が変更されれば、代表も改称するとのこと。
02/03/11 EURO2004予選の日程決まる
EURO2004のグループ9の日程が、ウェイルズのカーディフで行われた各国協会の話し合いによって決定した。ユーゴの日程はこちら。 初戦は10月12日のアウェイのイタリア戦。

ピクシーのコメント:理想的な解決法を見つけるのは難しいことだが、我々は望むとおりのものを得ることに成功した。 日程が我々の予選グループの最終順位に多くの影響を与えてはならない。最後の結末はやはりフィールドが決めるものだ。

デーヨのコメント:誰も完璧な日程を得ることは出来ない。それぞれが、自分の主張を多少は譲歩しなくてはならない。最も大切なのは、すべての協会が妥協したことだ。 本当のことを言えば、10月は少し厳しいが、それでもこの結果には満足している。
02/03/08 U-17代表、欧州選手権予選突破
ユーゴU-17代表は、アイルランドで行われた01/02欧州選手権予選を1位で通過。本大会は4/27〜5/10にデンマークで開催される。
02/03/08 ユーゴ代表 親善試合の予定
4月17日は、ヨハネスブルクにて南アフリカとの親善試合になる可能性が出てきた。
また、11月20日にベオグラードでイスラエル代表との親善試合が決定、とイスラエル側が発表。
※イスラエル戦の情報は、"Holy Place"のAvi Kさんから頂きました。
02/03/07 ピクシー、FIFAの委員会に出席
ピクシーはチューリッヒで開催された「The FIFA Football Committee」の会合に出席。ワールドカップでのアタッキング・フットボールとフェア・プレイの徹底について話し合った。
「フェアプレイの考え方に対する、より多くの責任と尊重が必要だ。これを達成するためにも、コーチの存在は特に重要である。ワールドカップはファンの為に、スペクタクルであることがとても重要だ。」と発言した。
02/03/04 ヴェリボル・ヴァソヴィッチ氏逝去
ユーゴスラヴィア代表、アヤックスでセンターバックとして活躍したヴェリボル・ヴァソヴィッチ氏が心臓発作で死去。享年63歳。パルティザン、ズヴェズダの双方でプレイした経験を持ち、アヤックスではヨーロッパ・カップ制覇に貢献。引退後はパリSGとズヴェズダの監督を歴任、現在は弁護士をしていた。 アヤックスも弔意を表し、元チームメイトのヨハン・クライフ氏も哀悼の言葉を寄せた。
02/03/02 ピクシー、ジュビロXグランパス観戦
ピクシーは静岡スタジアム・エコパで行われたJ1リーグ開幕戦、ジュビロXグランパスを観戦。試合はジヴコヴィッチの得点などでジュビロの2−0の勝利。 ピクシーは誕生日でもある3日、パリへ帰国。
02/02/25 デキに第二子誕生
デキとアナさんに第二子(男児)誕生。フィリプと命名。Cestitam!
02/02/22 ピクシー、テクニカル・アドヴァイザーとして来日
名古屋グランパスは、テクニカル・アドヴァイザーとしてピクシーが来日すると発表した。滞在期間は27日(水)〜3月3日(日)。チーム関係者との懇談、2日の開幕戦(対ジュビロ 静岡スタジアム・エコパ)観戦が予定されている。
02/02/21 U-21代表監督にヴラディミール・ペトロヴィッチ氏
FSJは、U-21代表監督にヴラディミール・"ピジョン"・ペトロヴィッチ氏が就任したと発表した。ペトロヴィッチ氏はズヴェズダの第4星人であり、現役時代はアーセナルにも在籍。
02/02/21 代表エキップメント・サプライヤーはLotto
ユーゴ代表の新たなエキップメント・サプライヤーは、イタリアのLotto社に決定した。2008年まで6年契約。
02/02/13 ユーゴ 2−1 メキシコ
アメリカ・アリゾナ州フェニックスで行われたメキシコ代表との親善試合は2−1の勝利。詳しくはこちら
02/02/08 メキシコ戦のユーゴ代表
13日にアメリカ・アリゾナ州フェニックスで行われるメキシコ戦のユーゴ代表20人が発表された。メンバーはこちら
02/02/02 ユーゴ代表 親善試合の予定
FSJは、親善試合の予定について発表した。
2月13日 vsメキシコ アリゾナ州フェニックス(USA)
3月27日 vsブラジル フォルタレーザ(BRA)
4月17日 対戦相手未定(ノルウェイ有力) ベオグラード
5月17〜19日 4ヵ国トーナメント(ロシア、ウクライナ、トルコ) モスクワ(RUS)
8月21日 vsイングランド ベオグラード(あるいは9月か10月)
9月   vsスペイン ベオグラード(あるいは10月か11月)
2003年にはスペインのホームでの親善試合も予定されている。
02/02/01 ブラジル戦決定
ブラジルサッカー連盟が、ユーゴスラヴィア代表との親善試合を公式発表した。3月27日、フォルタレーザ市のエスタヂオ・プレジデンチ・ヴァルガスで行われる予定。
02/01/29 3月27日はブラジル戦
FSJのブラトヴィッチ事務総長は、3月27日の親善試合の相手がブラジルになると発表した。開催地は未定だが、ブラジルのホームが有力。 また、2月13日のメキシコ戦の召集メンバー発表は7日を予定している。
02/01/25 シュミット、ボローニャへ移籍
ジェレズニク所属のU-21代表ヴラダ・シュミットは、ボローニャのトライアルに合格し、移籍決定。4年契約。
02/01/25 今回のドローについての談話
サヴィチェヴィッチ代表監督:
我々のグループは難しい。イタリアは強敵であるが、私は両チームが共に予選突破することを望んでいる。
イタリアについては良く知っている。私は6年間ミランでプレイした。個人的に多くの選手を知っているし、トラパットーニ監督とは何度も話をしている。 このドローの前は、私の望みは4月17日にイタリアと親善試合をすることだった。ドローが決まった後、トラパットーニは冗談でこう言ったよ。 「望み通りになったね。1回だけじゃなく、ローマとベオグラードで2回試合ができる。」

ストイコヴィッチ会長:
不満足である理由などない。ドローなどはいつも、良くも悪くもなる、そういうものだ。イタリアはもちろん1位候補であり、多くのエースを抱え、老練なトラパットーニ監督がいて、伝統もある。 アッズーリとの試合は、大きな挑戦となるだろうが、ウェイルズとフィンランドも注意する必要がある。
私は誰も恐れないし、代表選手たちもそうだろう。我々はプレイオフだ、などと考えてはいけない。ユーゴスラヴィアは1位になるよう努力し、そのために準備をするだろう。プレイオフは予備にすぎない。

代表選手たちのコメントはこちら
02/01/25 EURO2004予選 ユーゴはグループ9
2004年6月にポルトガルで開催される欧州選手権EURO2004の予選組み分け抽選会が、ポルトガルのポルトで行われ、ユーゴはイタリア、フィンランド、ウェイルズ、アゼルバイジャンと共にグループ9に入った。 予選は2002年の9月7、8日からスタート、2003年の11月のプレイオフで終了する。

グループ1:フランス、スロヴェニア、イスラエル、キプロス、マルタ
グループ2:ルーマニア、デンマーク、ノルウェイ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ルクセンブルク
グループ3:チェコ、オランダ、オーストリア、ベラルーシ、モルドヴァ
グループ4:スウェーデン、ポーランド、ハンガリー、ラトヴィア、サン・マリノ
グループ5:ドイツ、スコットランド、アイスランド、リトアニア、フェロー諸島
グループ6:スペイン、ウクライナ、ギリシャ、北アイルランド、アルメニア
グループ7:トルコ、イングランド、スロヴァキア、マケドニア、リヒテンシュタイン
グループ8:ベルギー、クロアチア、ブルガリア、エストニア、アンドラ
グループ9:イタリア、ユーゴスラヴィア、フィンランド、ウェイルズ、アゼルバイジャン
グループ10:アイルランド、ロシア、スイス、グルジア、アルバニア

なおU-21も、グループ9は同じ国で争われる。
02/01/24 U-17、U-19欧州選手権予選ドロー
U-17、U-19欧州選手権予選の組み分けが発表された。ユーゴ代表は以下のグループ

U-17 グループ2:クロアチア、ベラルーシ、グルジア、ユーゴスラヴィア
U-19 グループ10:ユーゴスラヴィア、アイスランド、スロヴェニア、スコットランド
02/01/23 ケジュマンに男児誕生
ケジャと妻のエミリヤさんに男児誕生。ラザルと命名。Cestitam!
02/01/23 ミロシェヴィッチ、レアル・サラゴサへレンタル移籍
パルマ所属のサヴォ・ミロシェヴィッチは、98〜2000年に在籍していたレアル・サラゴサにレンタル移籍決定。今年6月までの契約で、その後の買取りオプション付き。
02/01/22 メキシコ戦はベースボール・スタジアムで
2月13日にアリゾナ州フェニックスで行われるメキシコ代表との親善試合は、バンク・ワン・ボールパークにて20時キックオフ。10日にユーゴを発ち、ロンドン経由でアメリカに向かう予定。
02/01/17 オグニェノヴィッチ、カイザースラウテルンへ移籍
元レアル・マドリーのペリツァ・オグニェノヴィッチは、15日にカイザースラウテルンと契約した。今季終了までの契約で、その後2年延長のオプション付き。移籍金はかかっていない。 背番号は40。19日に行われる、本拠フリッツ・ヴァルター・シュタディオンでのテストマッチ、FCバーゼル(スイス)戦がデビューとなる模様。
02/01/14 4月17日の相手はアッズーリ?
FSJのブラトヴィッチ事務総長は、4月17日の親善試合の相手がイタリア代表になる可能性を示唆した。この日、イタリア側はオーストラリアと試合の予定だが、変更の余地はあるとのこと。 トラパットーニ監督がイタリアでの試合を望んでいるため、開催地はどちらになるか未定。25日のEURO2004のドロー会場で両監督、トラップ氏の友人であるボシュコフ氏を交えて話し合う模様。
02/01/11 ミハイロヴィッチとイヴァン・トミッチ、フィオレンティーナ移籍を拒否
ミハの移籍問題は、金銭面で合意できずに決裂したが、マンチーニ監督の辞任を受けて、イヴァン・トミッチもフィオレンティーナ移籍を拒否した。 ミハはラツィオに残留、トミッチにはブレッシャ、ボローニャ、トリノへのレンタル移籍の可能性も。
ミハのコメント:私は十分辛抱した。マンチーニを助けるという彼との約束を守りたかったが・・・フィオレンティーナの難問は、私の問題ではない。 2004年までラツィオとの契約があり、ラツィオを離れる必要はない。そのことはマンチーニも知っているし、これらの事の後も、彼は私のことを実の兄弟のように 愛していると言ってくれた。
02/01/11 ユーゴ代表、ロシアの4ヵ国トーナメントに参加予定
FSJは5月17〜19日にロシアで行われる4ヵ国のトーナメントに招待されているとを発表した。 招待を受けることはほぼ決まっているが、国内リーグが進行中の為、選手の選考が問題視されている。 ユーゴの他、ロシア、ウクライナ、南米かアフリカの1ヵ国で争われる。
02/01/10 ユーゴ代表 親善試合の予定
2月13日 vsメキシコ戦 アリゾナ州フェニックス(USA)
3月27日 vsノルウェイ戦 ベオグラード
4月17日 対戦相手未定(イングランドかポーランド) ベオグラード
4月の対戦相手は、今月25日のEURO2004のドロー次第とのこと。
02/01/07 ミルティノヴィッチ氏、ユーゴ代表監督就任説を否定
中国代表監督ボラ・ミルティノヴィッチ氏は、一部で報じられたW杯後の母国ユーゴスラヴィアの代表監督就任を否定した。 タンユグ通信に「ユーゴからは何の接触もない。ユーゴはストイコヴィッチら若い指導者が引っ張るべきだ」と語った。
02/01/05 EURO2004予選ドロー ユーゴは第2シード
2004年6月にポルトガルで開催される欧州選手権EURO2004の予選組み分け抽選会は、25日にポルトにて行われるが、FSJからはストイコヴィッチ会長、ブラトヴィッチ事務総長、サヴィチェヴィッチ代表監督が出席予定。 ユーゴ代表はロシア、クロアチア、デンマーク、オランダ、ポーランド、イングランド、スロヴェニア、ウクライナ、スコットランドと共に第2シードに入る。


Back