VESTI/NEWS

2003.1〜6

03/06/20 ステファノヴィッチ、ポーツマスへ移籍
フィテッセ所属のデヤン・ステファノヴィッチは、イングランド・プレミアリーグに昇格したポーツマスへ移籍決定。3年契約。
02/06/20 UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAカップ予選のドロー発表
2003-04UEFAチャンピオンズリーグとUEFAカップ予選のドローが発表された。
・UEFAチャンピオンズリーグ予選2回戦 7/30、8/6
 パルティザン×ジュールガルデン(スウェーデン)
・UEFAカップ予選 8/14、8/28
 ツルヴェナ・ズヴェズダ×ニストル・オタチ(モルドヴァ)
 FKサライェヴォ(BiH)×サルティド
・UEFAインタートト・カップ1回戦 6/21-22、6/28-29
 スティエスカ×USルクセンブルク(ルクセンブルク)
 OFK×トランス(エストニア)
03/06/17 ウェイルズ戦は“マラカナ”で
FSSCGは、8月20日のEURO予選ウェイルズ戦は、20時15分よりスタディオン・ツルヴェネ・ズヴェズデ“マラカナ”で行うと発表。 U-21のウェイルズ戦は19日の20時より、ノヴィ・サドにて行われる。
03/06/16 ミヤトヴィッチ、代表引退表明
ページャが、代表から引退すると改めてUEFAの公式サイト上で語った。
ページャのコメント:バクーでの試合後すぐに自分の決断を公表したが、あの決意は今でも揺らいでいない。デヤン・サヴィチェヴィッチが代表監督を辞任した後、私もその決断に続く必要があると感じたんだ。 ついに成功を手にできなかった。本当に悲劇的な結末を迎えてしまったが、今が変わるべき時期なんだ。
03/06/12 新監督は7月初旬に決定か
FSSCGのストイコヴィッチ会長は、代表の新監督人事について 「今後10〜15日は新監督について問わないで欲しい。しかし、6月終わりか、7月初めには決めたい」と記者会見で語った。 自身の進退については、今後も会長職に留まり、デーヨもFSCGの会長、FSSCGの副会長に留まると語った。
03/06/11 サヴィチェヴィッチ監督、辞任
アゼルバイジャン戦の後、デヤン・サヴィチェヴィッチ監督が辞任を発表した。
03/06/11 セルビア・モンテネグロ 1−2 アゼルバイジャン
バクーで行われたアゼルバイジャン代表との試合は1−2の敗戦。詳しくはこちら
03/06/11 U-21セルビア・モンテネグロ 2−0 U-21アゼルバイジャン
アゼルバイジャンのスンガイトで行われたU-21アゼルバイジャン代表との試合は2−0の勝利。詳しくはこちら
03/06/09 ヴキッチ、シャフタール・ドネツクへ移籍
パルティザン所属のズヴォニミール・ヴキッチは、ウクライナのシャフタール・ドネツクへ移籍決定。5年契約。
03/06/07 セルビア・モンテネグロ 0−3 フィンランド
ヘルシンキで行われたフィンランド代表との試合は0−3の敗戦。詳しくはこちら
03/06/06 U-21セルビア・モンテネグロ 2−1 U-21フィンランド
フィンランドのツルクで行われたU-21フィンランド代表との試合は2−1の勝利。詳しくはこちら
03/06/03 セルビア・モンテネグロ 1−2 イングランド
レスターで行われたイングランド代表との親善試合は1−2の敗戦。詳しくはこちら
03/06/02 U-21セルビア・モンテネグロ 2−3 U-21イングランド
ハル・シティで行われたU-21イングランド代表との親善試合は2−3の敗戦。詳しくはこちら
03/05/29 ケジュマン、エールディヴィジ得点王
オランダ、エールディヴィジは全日程を終了。優勝はPSVアイントホーフェン、35得点のマテヤ・ケジュマンが得点王、今シーズンの最優秀選手にも選ばれた。
03/05/29 ドミトロヴィッチ、シュトゥルム・グラーツへ移籍
グラーツァーAK所属のボバン・ドミトロヴィッチは、シュトゥルム・グラーツへ移籍決定。2年契約。
03/05/28 イングランド戦、フィンランド戦、アゼルバイジャン戦でのセルビア・モンテネグロ代表
6月3日にレスターで行われる親善試合イングランド戦、7日にヘルシンキで行われるEURO2004予選フィンランド戦、11日にバクーで行われるアゼルバイジャン戦でのセルビア・モンテネグロ代表25人が発表された。 メンバーはこちら。 デキ、ラゼティッチ、ドラグティノヴィッチ、イリエフは負傷のため召集せず。
03/05/27 U-21イングランド戦、フィンランド戦、アゼルバイジャン戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表
6月2日にハル・シティで行われる親善試合イングランド戦、6日にツルクで行われるU-21欧州選手権予選フィンランド戦、11日にバクーで行われるアゼルバイジャン戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表が発表された。 メンバーはこちら
03/05/05 代表、今後の予定
6/3 イングランド戦(親善試合) レスター/ウォーカー・スタジアム 20:00〜
6/7 フィンランド戦(EURO予選) ヘルシンキ/オリンピック・スタディオン 19:00〜

U-21
6/2 イングランド戦(親善試合) ハル・シティ/Kingston Communications Stadium 20:00〜
6/6 フィンランド戦(欧州選手権予選) ツルク/ヴェリタス・スタディオン 19:00〜

U-19
10/7〜13 2003/04 U-19欧州選手権予選
グループ:スウェーデン、オーストリア、カザフスタン、セルビア・モンテネグロ

U-17
10/9〜25 2003/04 U-17欧州選手権予選
グループ:ブルガリア、オランダ、アルメニア、セルビア・モンテネグロ
03/04/30 セルビア・モンテネグロ 0−1 ドイツ
ブレーメンで行われたドイツ代表との親善試合は0−1の敗戦。詳しくはこちら
03/04/29 U-21セルビア・モンテネグロ 2−3 U-21ドイツ
ヴィルヘルムスハーフェンで行われたU-21ドイツ代表との親善試合は2−3の敗戦。詳しくはこちら
03/04/25 ドイツ戦でのセルビア・モンテネグロ代表
30日にブレーメンで行われる親善試合ドイツ戦でのセルビア・モンテネグロ代表20人が発表された。メンバーはこちら。 ダルコは軽い怪我のため、ミハとデキは最近のクラブでの出場試合が多かったため、召集を見送った。
03/04/24 U-21ドイツ戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表
29日にドイツのヴィルヘルムスハーフェンで行われる親善試合、U-21ドイツ戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表候補23人が発表された。メンバーはこちら。この中から18人を選出する。
03/04/09 代表、今後の予定
4/30 ドイツ戦(親善試合) ブレーメン 20:45〜
6/3 イングランド戦(親善試合) レスター
6/7 フィンランド戦(EURO予選) ヘルシンキ
6/11 アゼルバイジャン戦(EURO予選) トルコのイスタンブールかトラブゾン
(アゼルバイジャンのホーム開催不可のため)
03/04/02 日本戦は中止、2004年に延期
FSSCGは、日本サッカー協会に8月20日の親善試合の中止を申し入れ、日本側もこれを了承した。 日本サッカー協会からは2004年に親善試合を組むよう、提案があった模様。
03/03/27 セルビア・モンテネグロ 1−2 ブルガリア
クルシェヴァツで行われたブルガリア代表との親善試合は1−2の敗戦。詳しくはこちら
03/03/26 ウェイルズ戦は8月20日に延期
UEFA、FSSCG、ウェイルズFAが協議した結果、ウェイルズ戦の延期が決定した。代替日は8月20日。この日は日本との親善試合が組まれていた。
03/03/24 ウェイルズ戦は延期か?
4月2日にベオグラードで行われる予定だったEURO2004予選ウェイルズ戦は、セルビア共和国がジンジッチ首相暗殺による非常事態宣言下にあることから、 多くの観客が予想される予選試合はセルビア以外の地で行うようにと政府側が勧告したため、ポドゴリツァでの開催か、延期になる可能性があるとFSSCGが発表した。 ポドゴリツァでの開催は、アゼルバイジャン戦時に運営の不備を理由にUEFAから罰金を受けたため、今回は延期になる可能性が高い、としている。
親善試合のブルガリア戦は予定通り行われる。
03/03/24 ブルガリア戦、ウェイルズ戦でのセルビア・モンテネグロ代表
27日にクルシェヴァツで行われる親善試合ブルガリア戦、4月2日にベオグラードで行われるEURO2004予選ウェイルズ戦でのセルビア・モンテネグロ代表22人が発表された。メンバーはこちら。 ページャは病床の長男が危篤状態にあるため、ブルガリア戦は欠場する予定。
03/03/21 U-21ウェイルズ戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表
4月1日に行われるU-21欧州選手権予選ウェイルズ戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表23人が発表された。メンバーはこちら
03/03/15 FSSCGにUEFAから罰金
UEFAはFSSCGに対し、アゼルバイジャン戦でのサポーターの振る舞いにより25000スイスフラン(約216万円)の罰金を課した。 サポーターの投石などで審判団が危険な目にあったこと、ポドゴリツァの試合運営の悪さが主な理由とされる。
03/03/12 ジンジッチ首相暗殺によりスポーツイベントは中止
セルビア共和国首相ゾラン・ジンジッチ氏の暗殺事件により共和国全土に国家非常事態宣言が発動されたこと、3日間喪に服すことを受け、 セルビアでのすべてのスポーツイベントが中止された。国内サッカーリーグも延期となった。
03/03/05 イングランド戦はレスターで
FA(イングランドサッカー協会)は、6月3日の親善試合イングランドvsセルビア・モンテネグロをレスターのウォーカース・スタジアムで行うと発表した。
03/02/25 ウェイルズ戦は“マラカナ”で
4月2日のEURO予選ウェイルズ戦は、20時15分よりスタディオン・ツルヴェネ・ズヴェズデ“マラカナ”で行われると決定した。
03/02/20 3月はブルガリア戦に変更
FSSCGは、辞退を申し入れたオーストラリア代表に代わり、ブルガリア代表と親善試合を行うと発表した。 それに伴い開催日を3月27日に変更。開催地はクルシェヴァツ。
03/02/12 セルビア・モンテネグロ 2−2 アゼルバイジャン
ポドゴリツァで行われたアゼルバイジャン代表との試合は2−2の引き分け。詳しくはこちら
03/02/11 U-21セルビア・モンテネグロ 3−0 U-21アゼルバイジャン
ニクシッチで行われたU-21アゼルバイジャン代表との試合は3−0の勝利。詳しくはこちら
03/02/11 正式に「セルビア・モンテネグロ代表」
国際サッカー連盟(FIFA)と欧州サッカー連盟(UEFA)は11日、ユーゴスラビア協会に対し、同日付ですべての国際大会で「セルビア・モンテネグロ」の名称使用を認めると通知した。 この決定を受け、12日の欧州選手権予選では、82年間続いたユーゴスラビア代表から、新しい名称でアゼルバイジャンと対戦する。(共同通信)

ユーゴスラヴィア・サッカー協会(FSJ)は1919年設立。505試合の国際試合、293勝87敗125分。
03/02/08 アゼルバイジャン戦でのセルビア・モンテネグロ(ユーゴ)代表
12日にポドゴリツァで行われるEURO2004予選アゼルバイジャン戦でのセルビア・モンテネグロ(ユーゴ)代表19人が発表された。メンバーはこちら
03/02/04 「ユーゴスラヴィア」から「セルビア・モンテネグロ」へ
連邦改編による新国家の憲法案を審議していたユーゴスラビア連邦(セルビア、モンテネグロ両共和国で構成)の議会上下両院は4日、憲法案を採択した。これを受けてミチュノビッチ下院議長は両院議員やベオグラード駐在外交団を前に、憲法の発効を宣言。ユーゴ連邦は消滅し、新連合国家「セルビア・モンテネグロ」が誕生した。(読売新聞)

ユーゴスラヴィア代表も、名前を「セルビア・モンテネグロ(スルビヤ・イ・ツルナゴーラ)」に改称するとFSJのブラトヴィッチ事務局長は語った。 すでにFIFA、UEFAに申請しており、10日には正式に承諾される見込み。11日のU-21のアゼルバイジャン戦から、新国名で臨む可能性もあるが、未だ決まっていない国旗、国歌、エンブレムは現行のまま。なお、FSJもFSSCG(スルビヤ・イ・ツルナゴーラサッカー協会)に改称する。
03/02/04 U-21アゼルバイジャン戦でのU-21ユーゴ代表
11日にニクシッチで行われるU-21欧州選手権予選アゼルバイジャン戦でのU-21ユーゴ代表22人が発表された。メンバーはこちら
03/01/31 ラゼティッチ、ラツィオへレンタル移籍
コモからキエーヴォに貸し出されていたニコラ・ラゼティッチは、ラツィオにレンタル移籍決定。期間は6ヶ月。
03/01/31 イヴァン・トミッチ、アラベスへレンタル移籍
ローマ所属のイヴァン・トミッチは、2001-02年に在籍していたスペインのデポルティーボ・アラベスにレンタル移籍決定。期間は6ヶ月、その後の買取りオプション付き。
03/01/21 アゼルバイジャン戦はポドゴリツァで開催
FSJは2月11日(U-21)、12日(A代表)のEURO予選アゼルバイジャン代表との試合を、ポドゴリツァとニクシッチで開催する予定だと発表した。 当初はベオグラードとスメデレヴォを予定していたが、2月初旬にセルビア全域が寒波と大雪に襲われるとの気象予報が出たため、温暖なツルナ・ゴーラに変更することになった。 UEFAの承認を経て、2日に決定する。なお、代表発表は7日を予定。
03/01/21 3月28日はオーストラリア戦
FSJは、3月28日にオーストラリア代表と親善試合を行うと発表した。ユーゴのホームだが、開催地は未定。
03/01/21 JEFの新監督にイヴィツァ・オシム
JEFユナイテッド市原は、イヴィツァ・オシム氏の監督就任を発表した。契約は2004年1月まで。
オシム氏は86〜92年ユーゴスラヴィア代表監督を勤め、90年W杯ではチームをベスト8に導いた。91-92シーズンはパルティザンの指揮も取っていた。


Back