VESTI/NEWS

2003.7〜12

03/12/13 パルティザン、マテウス監督辞任
パルティザンはローター・マテウス監督の辞任を発表した。辞任の理由を「個人的なもの」としているが、ハンガリー代表監督に 就任する予定だと報じられている。
03/12/05 来年7月に日本戦
日本サッカー協会が、セルビア・モンテネグロ代表が来年7月に来日し、日本代表と五輪代表との2試合を行うことを明らかにした。 7月13、15日が有力。 
03/12/05 ワールドカップ2006欧州予選、セルビア・モンテネグロはグループ7
2006年にドイツで開催されるワールドカップ組み分け抽選会が、フランクフルトで行われ、SCGはグループ7に入った。 予選は2004年の9月4日から2005年10月12日までグループリーグを行い、2005年11月12、16日のプレイオフで終了する。 各組1位8ヶ国と2位の中で成績の良い2ヶ国、2位の残り6ヶ国によるプレイオフに勝った3ヶ国の 計13ヶ国に出場資格。開催国ドイツは予選免除。

グループ1:チェコ、オランダ、ルーマニア、フィンランド、マケドニア、アルメニア、アンドラ
グループ2:トルコ、デンマーク、ギリシャ、ウクライナ、グルジア、アルバニア、カザフスタン
グループ3:ポルトガル、ロシア、スロヴァキア、ラトヴィア、エストニア、リヒテンシュタイン、
ルクセンブルク
グループ4:フランス、アイルランド、スイス、イスラエル、キプロス、フェロー諸島
グループ5:イタリア、スロヴェニア、スコットランド、ノルウェイ、ベラルーシ、モルドヴァ
グループ6:イングランド、ポーランド、オーストリア、ウェイルズ、北アイルランド、アゼルバイジャン
グループ7:スペイン、ベルギー、セルビア・モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、リトアニア、サンマリノ
グループ8:スウェーデン、クロアチア、ブルガリア、アイスランド、ハンガリー、マルタ

ドローに関する監督、会長等のコメントはこちら
03/11/27 ズヴェズダ、UEFAカップ敗退
UEFAカップ2回戦の結果
ツルヴェナ・ズヴェズダ 0−1(0-0,0-1) ローゼンボリ(ノルウェイ)
03/11/18 U-21代表、欧州選手権出場決定
ノルウェイのドラメンで行われたU-21欧州選手権予選プレイオフ第2戦、ノルウェイ代表との試合は0−3の敗戦。 詳しくはこちら。 2戦合計5−4でセルビア・モンテネグロの本大会出場が決定した。セルビア・モンテネグロ代表のU-21欧州選手権出場は、1990年(当時ユーゴスラヴィア)以来13年振り。
03/11/16 セルビア・モンテネグロ 3−4 ポーランド
プウォツクで行われたポーランド代表との試合は3−4の敗戦。詳しくはこちら
03/11/14 U-21セルビア・モンテネグロ 5−1 U-21ノルウェイ
ベオグラードの"マラカナ"で行われたU-21欧州選手権予選プレイオフ第1戦、ノルウェイ代表との試合は5−1の勝利。 詳しくはこちら
03/11/12 ポーランド戦でのセルビア・モンテネグロ代表
16日にポーランドのプウォツクで行われる親善試合ポーランド戦でのセルビア・モンテネグロ代表20人が発表された。 メンバーはこちら
03/11/10 バロンドール候補にコヴァチェヴィッチ
フランス・フットボール紙が選ぶ欧州最優秀選手"バロンドール"の候補50人が発表され、セルビア・モンテネグロの選手ではダルコ・コヴァチェヴィッチが選出された。
03/11/08 プレイオフU-21ノルウェイ戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表
14日にベオグラードの"マラカナ"で行われるU-21欧州選手権予選プレイオフ、ノルウェイ戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表23人が発表された。 メンバーはこちら
03/11/05 ペトコヴィッチ監督、契約延長
FSSCGは、イリヤ・ペトコヴィッチ監督との契約を2006年まで結んだと発表した。
03/10/17 UEFAカップ2回戦
UEFAカップ2回戦のドローが発表された。
ローゼンボリ(ノルウェイ)×ツルヴェナ・ズヴェズダ
2回戦は11/6、11/27に行われるが、この対戦のみ第1戦を10/29に行う。
03/10/15 UEFAカップ:ズヴェズダ2回戦進出、サルティドは敗退
UEFAカップ1回戦デンマークのオーデンセと対戦したズヴェズダは、2戦合計6−5(2-2、4-3)で勝利、2回戦進出を決めた。 チェコのスラヴィア・プラハと対戦したサルティドは、2戦合計2−4(1-2、1-2)で敗退。
03/10/13 U-21欧州選手権プレイオフの相手はU-21ノルウェイ代表
U-21欧州選手権プレイオフのドローが行われ、SCGの相手はU-21ノルウェイ代表に決まった。 日程は11/15か16(ホーム)、11/18か19(アウェイ)。
ドイツ×トルコ、ポルトガル×フランス、デンマーク×イタリア、セルビア・モンテネグロ×ノルウェイ、 ベラルーシ×ポーランド、スウェーデン×スペイン、スイス×チェコ、クロアチア×スコットランド
03/10/11 セルビア・モンテネグロ 3−2 ウェイルズ
カーディフで行われたウェイルズ代表との試合は3−2の勝利。詳しくはこちら
SCGはEURO2004予選グループ9を3位で終了した。
03/10/10 U-21セルビア・モンテネグロ 1−0 U-21ウェイルズ
バリー・タウンで行われたU-21ウェイルズ代表との試合は1−0の勝利。詳しくはこちら
SCGはグループ2位で終了したが、2位グループの上位6位内に入ったため、プレイオフ進出決定。
03/10/07 スタンコヴィッチ、代表辞退
デキは腿の裏の痛みのため、代表を辞退した。
U-21のキャプテン、マルヤン・マルコヴィッチも怪我のためU-21代表を辞退。
03/10/07 FSSCGが選ぶ最優秀選手はドラガン・ジャイッチ
UEFA創立50周年記念により選ぶ、FSSCG(FSJ)過去50年で最高の選手"Zlatni igrac"は、ドラガン・ジャイッチに決定した。結果は以下の通り。

1.ドラガン・ジャイッチ 54点 "zlatni(金) igrac"
2.ドラガン・ストイコヴィッチ 26点 "srebrni(銀) igrac"
3.デヤン・サヴィチェヴィッチ 23点 "bronzani(銅) igrac"
4.ドラゴスラフ・シェクララツ 19点
5.スティイエパン・ボベク 17点
6.ライコ・ミティッチ 8点
7.プレドラグ・ミヤトヴィッチ 7点
8.ヴラディミール・ユーゴヴィッチ 3点
9.ミラン・ガリッチ 2点
10.ヴヤディン・ボシュコフ
  ミロシュ・ミルティノヴィッチ
  ヴラディミール・ペトロヴィッチ 1点

代表監督、キャプテン経験者18人による投票。候補の中から自分以外の選手を1〜3位まで選び、1位に5点、2位に3点、3位に1点で集計したもの。
03/10/06 クルスタイッチ、今季終了後シャルケ04へ移籍
ヴェルダー・ブレーメンは、クルスタイッチが今季終了後、シャルケ04へ移籍すると発表した。
03/10/06 ウェイルズ戦でのセルビア・モンテネグロ代表
11日にカーディフで行われるEURO2004予選ウェイルズ戦でのセルビア・モンテネグロ代表20人が発表された。 メンバーはこちら。 クルスタイッチは出場停止、プレドラグ・ジョルジェヴィッチ、ステファノヴィッチ、ドラグティノヴィッチは怪我、 ミハは父親が病気のため辞退。
03/10/05 U-21代表メンバー変更
土曜日のリーグ戦で負傷したネマーニャ・ヴィディッチに代わり、ネナド・ナスティッチを召集。
03/10/02 U-21ウェイルズ戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表
10日にウェイルズのバリーで行われるU-21欧州選手権予選ウェイルズ戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表20人が発表された。 メンバーはこちら
03/09/26 UEFA、FSSCGに罰金
UEFAは、A、U-21両代表のウェイルズ戦における、観客の人種差別的行為に対し、FSSCGに25000スイスフラン(約200万円)の罰金を課した。
03/09/10 セルビア・モンテネグロ 1−1 イタリア
ベオグラードで行われたイタリア代表との試合は1−1の引き分け。詳しくはこちら
これにより、セルビア・モンテネグロのEURO2004予選敗退が決まった。
03/09/09 U-21セルビア・モンテネグロ 1−0 U-21イタリア
ノヴィ・サドで行われたU-21イタリア代表との試合は1−0の勝利。詳しくはこちら
03/09/03 代表メンバー変更
2日のリーガの試合で負傷したコヴァチェヴィッチに代わり、パルティザンのイヴィツァ・イリエフを召集。
03/09/02 ユーゴヴィッチ、アドミラへ移籍
モナコを退団したヴラディミール・ユーゴヴィッチは、オーストリアのアドミラ・メドリンクへ移籍決定。2年契約。
03/09/01 イタリア戦でのセルビア・モンテネグロ代表
10日にベオグラードで行われるEURO2004予選イタリア戦でのセルビア・モンテネグロ代表20人が発表された。 メンバーはこちら。 デキ、ヴキッチ、ミハは出場停止。
03/08/31 ジョロヴィッチ、エルチェへ移籍
デポルティボ・デ・ラ・コルーニャ所属のゴラン・ジョロヴィッチは、2部のエルチェへレンタル移籍決定。 期間は1年。
03/08/29 U-21イタリア戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表
9日にノヴィ・サドで行われるU-21欧州選手権予選イタリア戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表が発表された。 メンバーはこちら
03/08/29 UEFAカップの対戦決まる
UEFAカップ1回戦のドローが発表された。
オーデンセBK(デンマーク)×ツルヴェナ・ズヴェズダ
サルティド×スラヴィア・プラハ(チェコ)
1回戦は9/24、10/15に行われる。
03/08/28 ズヴェズダとサルティド、UEFAカップ本選出場
UEFAカップ予選、モルドヴァのニストル・オタチと対戦したズヴェズダは、2戦合計スコア8−2(5-0、3-2)で勝利、 ボスニア・ヘルツェゴヴィナのFKサライェヴォと対戦したサルティドは、2戦合計4−0(1-1、1-1)で勝ち、両チームともUEFAカップ本選出場を決めた。
03/08/28 CL、パルティザンはグループF
CLのグループリーグのドローが発表された。
グループF:レアル・マドリー(ESP)、FCポルト(POR)、オランピック・ド・マルセイユ(FRA)、
パルティザン
9/16 FCポルト(H)
10/ 1 オランピック・ド・マルセイユ(A)
10/22 レアル・マドリー(A)
11/ 4 レアル・マドリー(H)
11/26 FCポルト(A)
12/ 9 オランピック・ド・マルセイユ(H)
03/08/27 パルティザン、チャンピオンズリーグ本選出場
CL予備選3回戦、イングランドのニューカッスル・ユナイテッドと対戦したパルティザンは、2戦合計スコア1−1(0-1、1-0)延長戦の末PK戦4−3で勝利。 1992年のチャンピオンズリーグに変更後、ユーゴ、セルビア・モンテネグロ初のCL出場クラブとなった。
03/08/27 ボシュコヴィッチ、パリ・サンジェルマンへ移籍
ツルヴェナ・ズヴェズダ所属のブランコ・ボシュコヴィッチは、パリ・サンジェルマンへ移籍決定。 4年契約。背番号は10。
03/08/22 UEFA、人種差別行為について調査を開始
UEFAは、ウェイルズFAの要請を受け、ベオグラードとノヴィ・サドでの2試合における、観客からのウェイルズの選手に対する人種差別行為について、調査を開始すると発表した。 この問題は、9月11日の規律委員会にかけられる予定。
03/08/20 セルビア・モンテネグロ 1−0 ウェイルズ
ベオグラードで行われたウェイルズ代表との試合は1−0の勝利。詳しくはこちら
セルビア・モンテネグロに改称してから初の勝ち試合となった。
03/08/19 U-21セルビア・モンテネグロ 3−0 U-21ウェイルズ
ノヴィ・サドで行われたU-21ウェイルズ代表との試合は3−0の勝利。詳しくはこちら
03/08/15 ヨカノヴィッチ、シウダ・デ・ムルシアに入団
チェルシーとの契約終了後、1年間所属クラブのなかったスラヴィシャ・ヨカノヴィッチは、スペイン2部のシウダ・デ・ムルシアに入団決定。 1年契約。
03/08/15 ウェイルズ戦でのセルビア・モンテネグロ代表
20日にベオグラードで行われるEURO2004予選ウェイルズ戦でのセルビア・モンテネグロ代表20人が発表された。 メンバーはこちら。 ミハはフィンランド戦でのレッドカードのため、この試合まで出場停止。
03/08/13 U-21ウェイルズ戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表
19日にノヴィ・サドで行われるU-21欧州選手権予選ウェイルズ戦でのU-21セルビア・モンテネグロ代表が発表された。 メンバーはこちら
03/08/04 ジュキッチ、テネリフェへ移籍
バレンシアとの契約が終了したミロスラフ・ジュキッチは、テネリフェへ移籍決定。 1年契約、一部に昇格した場合1年延長のオプション付き。
03/07/28 ステファノヴィッチのポーツマス移籍完了
一度は拒否された英国の労働許可証が下り、デヤン・ステファノヴィッチのポーツマス移籍が完了した。
03/07/24 ミロシェヴィッチ、セルタへ移籍
パルマ所属で、昨季はエスパニョールにレンタル移籍していたサヴォ・ミロシェヴィッチは、セルタ・デ・ビーゴへレンタル移籍決定。 期間は1年。メディカル・チェックで見つかった右膝の怪我が現れた場合は、パルマが年棒の全額を支払うという契約。
03/07/19 ラゼティッチ、シエナへ移籍
コモ所属で、昨季はキエーヴォとラツィオにレンタル移籍していたニコラ・ラゼティッチは、シエナへレンタル移籍決定。
03/07/14 ペトコヴィッチ監督記者会見
12日に正式承認されたペトコヴィッチ監督が、ピクシー会長と共に初の記者会見に臨んだ。

ペトコヴィッチ監督のコメント:再び代表監督になることは、私にとって名誉なこと。オファーは喜んで受け入れた。 我々のサッカーがどんな困難な状況にあるか理解している故に、モラルと人としての理由から、「イエス」と言う義務があると思った。
代表選手は三つの条件を満たさなくてはならない。第一にプラーヴィのユニフォームでプレイしたいと思うこと、そして そのプレイが代表に値すること、最後にそれに相応しい振る舞い。 代表への召集は、ベオグラードでの余暇のためにあるものではない、と強調しておく。

ピクシーのコメント:再びペトコヴィッチが代表監督になったのは嬉しい。ペトコヴィッチと共に代表が良い結果を得ることを期待している。
03/07/10 代表監督にイリヤ・ペトコヴィッチ
FSSCGのストイコヴィッチ会長は、新監督にイリヤ・ペトコヴィッチ氏を選んだと発表した。 任期はEURO予選終了まで。同氏は2001年7月から2002年1月までユーゴスラヴィア代表監督を務めていた。
03/07/10 ラゾヴィッチ、フィエノールトへ移籍
パルティザン所属のダンコ・ラゾヴィッチは、オランダのフェイエノールトへ移籍決定。5年契約。
03/07/09 ドルロヴィッチ、パルティザンへ移籍
ベンフィカ所属のリュビンコ・ドルロヴィッチは、パルティザンへ移籍決定。1年契約。
03/07/07 ミルティノヴィッチ、代表監督のオファーを断る
FSSCGのストイコヴィッチ会長は、新監督候補として交渉中だったボラ・ミルティノヴィッチ氏が オファーを正式に断ったと発表した。


Back