仏像彫刻TOP 仏像彫刻展トップ 10回展 11回展 12回展
14回展 15回展 16回展 17回展 18回仏像展 19回仏像展 20回仏像展
 21回仏像展 22回仏像展         
三賞 佳作賞 上達賞 その他

仏像彫刻展(第12回仏師瑞雲流仏像展)
2002年度

今年の仏像彫刻テーマは木の声

受賞作品発表展2002年9/3〜9/8(船橋スクエア21)

特別賞(木の声賞)

風神雷神

広瀬秀夫作(師範科)

仏像を見に京都へ

京都三十三間堂の風神雷神をモデルにして彫りました。かねがね俵屋宗達の絵を見て凄い絵だと思っていましたが自然現象である風と雷を敬う故人の感性に打たれ、早速に仏像を見に京都に行きました。大いに期待していましたが、実際は堂内は薄暗く、しかもかなり高いところにありましたので、正面から見上げるだけで十分拝見出来ず誠に残念でした。
 そこで、油粘土で仏像の立体像を作り、それを基に彫っていきました。異形の形態なので、手探りで、かつ自分なりのイメージで彫らざるを得ませんでした。今回、光栄な賞を頂きましたが、望外のことと驚くとともに光栄に思っています。
 瑞雲先生に師事して昨年12月で満10年になりますが、その間月2回の教室に無欠席で来られたのも、仏像彫刻のお陰、仏様のご加護に違いないと、深く感謝している次第です。これからも体が動く限り仏像を作って行きたいと思っていますので、松田、中村両先生始め教室の皆様のご指導宜しく御願い致します。
風神雷神

技能賞

道元禅師

岡田幸治作(師範科)

今回の作品、道元禅師像は先生に御願いして、何を彫ったらよいか決めていただき作ったもので大変勉強になり良かったです。この作品で特に勉強になった所をあげますと、頭の頭頂の形、顔の頬の彫り方。下部では膝の部分で、先生から衣の中の膝が見えるような感じで彫るようにとのことでありました。あとは腰掛けからの衣の垂れ下がりの部分の自然な形など他にもたくさんありましたが勉強になった作品です。
道元禅師
技能賞

地蔵菩薩半跏像

湯浅和夫作(師範科推薦)
半跏像を作るに当たり、台座はダイナミックに地蔵は穏やかな表情になるよう、丸みを帯びた姿態にし、全体的には、静から動への目覚めの時を表現出きればと思いました。今後は内面をもっと表現できるような彫刻を目指したいです。
地蔵菩薩半跏像
芸術賞

伎芸天

富安喜久司作(師範科推薦)
女性や芸人に人気の秋篠寺伎芸天は15年前にお詣りしました。綺麗な女の人がスケッチしていたのを思いだし、今度は私も伎芸天を彫るチャンスに恵まれました。しかし、日本では秋篠寺にしかお像がなく資料が乏しいので再度お詣りすることになりました。形や寸法には細心の注意をはらっても自分の技量ではお顔の微妙な表情を表現できず反省しております。勉強することの多いことを痛感しました。伎芸天

仏像彫刻の御利益を歴史から

--彫る悦びを味わう--

「無心に彫る」ということは、心身を若返らせ、心にさとりを、人生に希望を与えてくれます。
当方の彫刻教室は最も大切な基礎(小刀の使い方)に始まり、仏足、仏手、お顔、仏頭、全身像という具合に進みます。観音菩薩、釈迦如来、阿弥陀如来、不動明王など短期間に彫れようになります。通常は、月に2回の講習のため2年弱で一通り彫れるようになっており、熱心な生徒は1年足らずで観音様などの立像を彫ることも可能です。入会お考えの方は下記の案内へお進みください。
仏像ドットコム・東洋仏所 仏師、瑞雲の略歴(仏像彫刻家)仏師、瑞雲の彫刻展などイベント情報仏像の知識癒しの仏像かわいい仏様
TOP 通信教育 癒しのアート
仏像彫刻ワールド BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[首都圏仏像彫刻教室案内][京葉教室][町屋教室][[金町教室][][目黒教室][北千住教室][蘇我教室]
[仏像事典][仏像初詣][お問い合わせ][サイト概要] [仏師瑞雲の法話]
Copyright 2010-2020 松田瑞雲 無断転用禁止