仏像彫刻TOP 仏像彫刻展トップ 10回展 11回展 12回展
14回展 15回展 16回展 17回仏像展 第18回仏像展 第19回仏像展
三賞 佳作賞 上達賞 その他

仏像彫刻展(第12回仏師瑞雲流仏像展)
2002年度 佳作賞

今年の仏像彫刻テーマは木の声

受賞作品発表展2002年9/3〜9/8(船橋スクエア21)

如意輪観音像

鳥飼一生作

大阪府、観心寺金堂蔵、木造如意輪観音座像は一面六臂像でありながら違和感のない穏やかで優しいお姿、まして、戦前の歴史書では無二の忠臣として有名であった楠木正成一族の菩提寺として信仰を深めた仏像であることを知って興味をそそられました。作造に挑戦してみて六臂を安定した形で作造することが難しく、特に右第二手「如意宝珠」を持った造るのには苦労しました。右第一手の思惟形は広隆寺の弥勒菩薩に通じ、心を和ませる魅力的仏像でした。難しい仏像彫刻でしたが、大変勉強させられた作品でした。
如意輪観音
大塚徳太郎作

私は伝教大師の像は見たことがなく、あるのは肖像画、掛け軸、書物の挿し絵でした。作成に当たっては、大師についての書物を何冊か読み、肖像画などを参考に、伝教大師の人間像を想像しながら、先生方の助けを得ました。一生懸命考えながら完成した作品、生涯私の手元に置いて大切にしたいです。伝教大師最澄

不空羂策観音

梅沢卯平次作

夏を過ぎると胃の具合が良くなく、80歳を過ぎて根を詰めると目が疲れるので1日3時間を限度に彫っています。腕が8本あるお姿は、どのようにして胴体に付けて良いものか迷いましたが最初半年かかるだろうとの予測より3ヶ月も早く出来ました。展示会でお賽銭が20円上がっていたのにはビックリしました。次回は、走ってる韋駄天を彫ってみたいです。
不空羂策観音立像
阿弥陀三尊像
佐々木栄一作


阿弥陀如来は観音菩薩、勢至菩薩を従えて「極楽往生」を願う人人々を救って下さる仏様と言われています。未熟な技で彫れるか不安でしたが、先生方のアドバイスのもと、時が経つ内に、無心で彫っている自分に気づきました。脇侍の菩薩は座像で珍しく、愛媛県保安寺の像を参考にしました。
阿弥陀三尊像

聖観音菩薩

扇谷正郎作

仏像彫刻を始めて、やっと初級科を卒業出来ました。現在は阿弥陀如来立像に挑戦中ですが、なかなか進む事が出来ません。目黒教室の学園祭の時に中村先生から頂いた、仏像彫刻の進むべき道を書かれたイラストにも初級から中級に進むところに階段があって、さすがだなと感心しています。彫刻のスピードは遅くなりましたが、一歩一歩確実に階段を上って行きたいです。宜しく御願いいたします。
聖観音菩薩
観音と不動面
荒 友美作


仏像彫刻を始めてから一年経ち、その終わりにこのような賞を受賞することが出来て、大変嬉しく思います。 初めて仏面を彫るときには不安でしたが、四面目を彫る頃には、練習を重ねることでいつかは出来るようになれるのだな、と実感いたしました。 今後もまだしばらくは初級科の課題が続きますが、今回の賞を励みに、また、仏面の課題で学んだことを忘れずに勉強を続けていきたいです。

仏像彫刻の御利益を歴史から

--彫る悦びを味わう--

「無心に彫る」ということは、心身を若返らせ、心にさとりを、人生に希望を与えてくれます。
当方の彫刻教室は最も大切な基礎(小刀の使い方)に始まり、仏足、仏手、お顔、仏頭、全身像という具合に進みます。観音菩薩、釈迦如来、阿弥陀如来、不動明王など短期間に彫れようになります。通常は、月に2回の講習のため2年弱で一通り彫れるようになっており、熱心な生徒は1年足らずで観音様などの立像を彫ることも可能です。入会お考えの方は下記の案内へお進みください。
仏像ドットコム・東洋仏所 仏師、瑞雲の略歴(仏像彫刻家)仏師、瑞雲の彫刻展などイベント情報仏像の知識癒しの仏像かわいい仏様
TOP 通信教育 癒しのアート
仏像彫刻ワールド BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[首都圏仏像彫刻教室案内][京葉教室][町屋教室][[金町教室][][目黒教室][北千住教室][蘇我教室]
[仏像事典][仏像初詣][お問い合わせ][サイト概要] [仏師瑞雲の法話]
Copyright 2010-2020 松田瑞雲 無断転用禁止