仏像彫刻TOP 仏像彫刻展トップ 10回展 11回展 12回展
14回展 15回展 16回展 17回仏像展 第18回仏像展 第19回仏像展
三賞 佳作賞 上達賞 その他

仏像彫刻展(第12回仏師瑞雲流仏像展)
2002年度 上達賞

今年の仏像彫刻テーマは木の声

受賞作品発表展2002年9/3〜9/8(船橋スクエア21)

七福神
梅沢 有作

7年間、松田瑞雲先生の仏像のご指導を受け、不器用ながらも、こんな小物が何とか彫れるようになりました。小さい仏像なのでお顔の造りや天衣に苦労しました。帆の「寶」の字は家内に書いてもらいましたので夫婦合作といえましょう。
不動明王
雨宮利春作

不動明王のような複雑な仏像を本当に彫れるんだろうか?という不安がありましたが、懇切丁寧なご指導によりなんとか完成させることができました。ただし、やっぱり難しかったです。特に腰のひねりの部分は十分意識していたつもりだったのですが、なかなか思うようにはいきませんでした。ほんと仏像彫刻は奥が深いです。だからこそこれからも気長に続けていこうと思います。
地蔵菩薩立像
佐藤嶽夫作

初めて仏像らしい仏像に挑戦。ただ楽しい時間の連続でした。難しかったのは衣紋のヒダ、ハンカチを折りたたんで研究しました。光背を台座につなぐ光脚の部分で、くさび形を反対に刻むほどの初心者でも、何とか仏像らしくなり、自室で毎日眺めている今日この頃です。
仏頭像
小林弥生作

今回初めて作品を出展し、賞を頂いて大変光栄です。それと同時に皆さんの作品を見ることにより、刺激と共にまだまだ長い道のりを痛感しました。まだ、始めてから3年弱ですが試行錯誤し、常に向上心をもって打ち込める仏像彫刻に出会えたことこそ、とても嬉しく思います。

仏像彫刻の御利益を歴史から


--彫る悦びを味わう--

「無心に彫る」ということは、心身を若返らせ、心にさとりを、人生に希望を与えてくれます。
当方の彫刻教室は最も大切な基礎(小刀の使い方)に始まり、仏足、仏手、お顔、仏頭、全身像という具合に進みます。観音菩薩、釈迦如来、阿弥陀如来、不動明王など短期間に彫れようになります。通常は、月に2回の講習のため2年弱で一通り彫れるようになっており、熱心な生徒は1年足らずで観音様などの立像を彫ることも可能です。入会お考えの方は下記の案内へお進みください。
仏像ドットコム・東洋仏所 仏師、瑞雲の略歴(仏像彫刻家)仏師、瑞雲の彫刻展などイベント情報仏像の知識癒しの仏像かわいい仏様
TOP 通信教育 癒しのアート
仏像彫刻ワールド BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[首都圏仏像彫刻教室案内][京葉教室][町屋教室][[金町教室][][目黒教室][北千住教室][蘇我教室]
[仏像事典][仏像初詣][お問い合わせ][サイト概要] [仏師瑞雲の法話]
Copyright 2010-2020 松田瑞雲 無断転用禁止