仏像彫刻TOP 仏像彫刻展トップ 10回展 11回展 12回展
14回展 15回展 16回仏像展 17回仏像展 第18回仏像展 第19回仏像展
三賞 佳作賞 上達賞 講師作品 第14回展ハイライト

仏像彫刻展(第14回仏師瑞雲流仏像展)
2005年度 佳作賞

今年の仏像彫刻テーマ「親愛なる仏像との出会い

受賞作品発表展2005年9/6〜9/11(船橋スクエア21)


仏像名をクリックすると仏像事典内の解説ページに行けます。

佳作賞

不動三尊像

小林信行作(師範科)
運慶作 和歌山 国宝 金剛峰寺の不動明王と八大童子、制吐迦童子、恵光童子を参考彫刻。
不動三尊像
佳作賞 百済観音型観音像
高亀二郎作(中級科)
コメント
細長い身体とゆるやかな曲線に魅せられて彫りました。仏のお姿を木に託すことは、木を削ることだけが本質ではなく、遙か先に心がある。その心に接してこそ真の仏像が生み出されるとのこと。今、仏像彫刻の入り口立っています。先生方のご指導の基一歩一歩進んで参りたいと思っています。      作者
百済観音
佳作賞 十一面観音像
梅澤 有作
(中級科)
佳作賞 白衣観音
清瀬啓二作
(中級科)
佳作賞

観音菩薩
中村幸司作(中級科)

コメント
初級科最後の作品で佳作賞をいただき誠に有り難うございます。この仏様の持つ意味やいわれなどを本で読み、また中村先生のご指導をいただき、まさに衆生を救うために歩き出そうと半歩出始めた動きであることがわかりました。
 この下半身の動きの表現に注意して彫刻しました。その部分を評価していただき大変喜んでいます。これからも、仏さまの固有の意味を良くかみしめて彫刻に生かそうと考えています。   作者
観音菩薩
佳作賞

不動明王

深沢悠紀人(通信講座中級科)
コメント
仏像彫刻を始めて3年、この彫刻展に初出品させていただいたところ、思いがけずこのような賞をいただきビックリです。彫り始めは、ただの四角い木材なんですが、見よう見まねで彫っていると、いつのまにか仏像(のようなもの)になってくるのが我ながら不思議です。
 この9月から中級に進級させていただきましたので、さらに勉強して「いい仕事してますね」と云われるようになりたいですね。  作者
不動明王
佳作賞 恵比寿大黒面
細羽成信作

仏像彫刻の御利益を歴史から


--彫る悦びを味わう--

「無心に彫る」ということは、心身を若返らせ、心にさとりを、人生に希望を与えてくれます。
当方の彫刻教室は最も大切な基礎(小刀の使い方)に始まり、仏足、仏手、お顔、仏頭、全身像という具合に進みます。観音菩薩、釈迦如来、阿弥陀如来、不動明王など短期間に彫れようになります。通常は、月に2回の講習のため2年弱で一通り彫れるようになっており、熱心な生徒は1年足らずで観音様などの仏像を彫ることも可能です。入会お考えの方は下記の案内へお進みください。
仏像ドットコム・東洋仏所 仏師、瑞雲の略歴(仏像彫刻家)仏師、瑞雲の彫刻展などイベント情報仏像の知識癒しの仏像かわいい仏様
TOP 通信教育 癒しのアート
仏像彫刻ワールド BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[首都圏仏像彫刻教室案内][京葉教室][町屋教室][[金町教室][][目黒教室][北千住教室][蘇我教室]
[仏像事典][仏像初詣][お問い合わせ][サイト概要] [仏師瑞雲の法話]
Copyright 2010-2020 松田瑞雲 無断転用禁止