仏像彫刻展(第15回仏師瑞雲流仏像展)
2006年度その1

仏像彫刻top  仏像彫刻展トップ 10回展 11回展 12回展
14回仏像展 15回展 16回仏像展 第17回仏像展 第18回仏像展 19回仏像展
三賞 佳作賞 奨励賞 講師作品 その他作品 第15回仏像展ハイライト

今年の仏像彫刻テーマひらめきと輝き

仏像名をクリックすると仏像事典内の解説ページに行けます。

講師作品
作者

八大竜王像

松田瑞雲作(講師)
コメント
難陀竜王 跋難陀竜王 娑羯羅竜王 和修吉竜王 徳叉迦竜王 阿那婆達多竜王 摩那斯竜王 優鉢羅竜王の8体を総称して八大竜王といいますが、中でも難陀竜王が筆頭です。この作品を見たくて関西からわざわざお越しいただいた方が非常に感銘を受けられ、仏像展後もう一組8体の八大竜王を彫ったんです。

仏像事典 八大竜王
 以下、瑞雲流仏師の作品  

不動明王像

中村瑞隆作(講師)
コメント
運慶の不動明王立像とりわけ浄楽寺像は、忿怒相が控えめですが、それがかえってこの像の凄味を増しています。肉付き豊かで柔らかみのある体躯、四肢も太く全身に力が漲って魅力あふれる作品です。

仏像事典 不動明王

将軍地蔵像

岡田瑞慶作(講師)
将軍地蔵は我が国独特の地蔵菩薩で鎌倉時代から武士の間で信仰されたと言うことです。馬を大きく作ってはリアルすぎて地蔵菩薩が弱くなりますので、その大きさの調節が難しいです。

仏像事典 将軍地蔵

見返り阿弥陀如来

湯浅瑞鳳作(講師)
来迎印を結び左後方を振り返る姿は阿弥陀如来が菩薩たちとともに往生者を極楽浄土に連れて行く様子を彫刻したもので絵画の来迎図に多く見られます。

仏像事典 阿弥陀如来
十一面観音像

佐々木瑞朝作(講師)
滋賀 向源寺の十一面観音は蓮肉部分から頭頂まで像高が195cmもある一木彫りの仏像です。昨年上野の国立博物館平成館で開催された「一木にこめられた祈り」展で本物を見ました。

仏像事典 十一面観音

彫る悦びを味わう仏像彫刻

「無心に彫る」ということは、心身を若返らせ、心にさとりを、人生に希望を与えてくれます。
当方の仏像彫刻教室は最も大切な基礎(小刀の使い方)に始まり、仏足、仏手、お顔、仏頭、全身像という具合に進みます。観音菩薩、釈迦如来、阿弥陀如来、不動明王など短期間に彫れようになります。通常は、月に2回の講習のため2年弱で一通り彫れるようになっており、熱心な生徒は1年足らずで観音様などの仏像を彫ることも可能です。入会お考えの方は下記の案内へお進みください。
仏像ドットコム・東洋仏所 仏師、瑞雲の略歴(仏像彫刻家)仏師、瑞雲の彫刻展などイベント情報仏像の知識癒しの仏像かわいい仏様
TOP 通信教育 癒しのアート
仏像彫刻ワールド BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[首都圏仏像彫刻教室案内][京葉教室][町屋教室][[金町教室][][目黒教室][北千住教室][蘇我教室]
[仏像事典][仏像初詣][お問い合わせ][サイト概要] [瑞雲の法話]
Copyright 2010-2020 松田瑞雲 無断転用禁止