仏像彫刻展(第18回仏師瑞雲流仏像展)
2009年度その1 三賞

仏像彫刻top 仏像彫刻展トップ 10回展 11回展 12回展
14回展 15回展 16回展 17回展 18回仏像展 19回仏像展 20回仏像展
 21回仏像展 22回仏像展         
三賞 佳作賞 奨励賞 講師作品 その他作品 第18回ハイライト

今年の仏像彫刻テーマ至福の仏像



受賞作品発表展2008年9/8〜9/13(船橋スクエア21)
特別賞(テーマ賞)
梅沢 有作(師範科)

八大童子立像

コメント
高野山に実際に八大童子を見に行き、そこで購入した写真集をもとに金剛峰寺の八大童子を彫刻しました。当初は諸先輩同様に矜羯羅童子、制吐迦童子の二体を彫り始めましたが、その後に他の六体も次々彫りたくなり、時間が長くかかりましたが(その間に弁膜症手術のため休養期間もあり)やっと八体を完成出来ました。不動明王のご加護も頂いたのではないかと思っております。
                     不動明王と八大童子

技能賞

十一面観音像向源寺型
稲葉 進作(中級科)

講評
稲葉さんは仏像の形のつかみ方がとても早く、また仕上げも大変上手です。今年は、特にお顔の仕上げが美しく仏像らしさが良く出ています。十一面観音像 向源寺型は彫刻教室の生徒の間でも彫ってみたい上位の像でしょう。

 十一面観音像 
技能賞

仁王像 (金剛力士像)
梶原 典夫作(中級科)

コメント
金剛力士像(仁王像)は躍動感と凄みを出すために色々な写真を集めて参考にさせて頂きましたが、特に筋肉と袴のリアリティを出すのに苦労しました。
また、立ち姿や身体の捻りなどは、構図の段階で出来上がりのイメージを明確にしてデッサンすることの重要さを改めて痛感しました。

仁王像 金剛力士
--彫る悦びを味わう--

「無心に彫る」ということは、心身を若返らせ、心にさとりを、人生に希望を与えてくれます。
当方の仏像彫刻教室は最も大切な基礎(小刀の使い方)に始まり、仏足、仏手、お顔、仏頭、全身像という具合に進みます。観音菩薩、釈迦如来、阿弥陀如来、不動明王など短期間に彫れようになります。通常は、月に2回の講習のため2年弱で一通り彫れるようになっており、熱心な生徒は1年足らずで観音様などの立像を彫ることも可能です。入会お考えの方は下記の案内へお進みください。
仏像ドットコム・東洋仏所 仏師、瑞雲の略歴(仏像彫刻家)仏師、瑞雲の彫刻展などイベント情報仏像の知識癒しの仏像かわいい仏様
TOP 通信教育 癒しのアート
仏像彫刻ワールド BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[首都圏仏像彫刻教室案内][京葉教室][町屋教室][[金町教室][][目黒教室][北千住教室][蘇我教室]
[仏像事典][仏像初詣][お問い合わせ][サイト概要] [瑞雲の法話]
Copyright 2010-2020 松田瑞雲 無断転用禁止