仏像彫刻展(第18回仏師瑞雲流仏像展)
2009年度 奨励賞

仏像彫刻top 仏像彫刻展トップ 10回展 11回展 12回展
14回展 15回展 16回展 17回展 18回仏像展 19回仏像展 20回仏像展
 21回仏像展 22回仏像展         
三賞 佳作賞 奨励賞 講師作品 その他作品 第18回ハイライト

今年の仏像彫刻テーマ至福の仏像



受賞作品発表展2008年9/8〜9/13(船橋スクエア21)
奨励賞
奨励賞

馬頭観音
清瀬 啓二作(師範科)

コメント


馬頭観音
奨励賞

薬師如来像
藤井 卓美作(中級科)

コメント
初めて神護寺の薬師如来の写真を観たとき、その鋭い眼や口元に強い意思を感じ是非とも挑戦してみたいと心に決めました。表情の厳しさだけでなく、ボリューム感・力強さを表現したいと苦心しましたが、最近、実物にお目にかかる機会を得て、削ぎ落とすべき無駄な部分がまだまだ残されていることを痛感いたしました。いつかまた、挑戦してみたいと思います。

薬師如来
奨励賞

吉祥天像
松下 和弘作(中級科)

コメント
以前から、やりたいと思っていた仏像彫刻、定年後に瑞雲流の門をたたいて3年半、今角材から徐々に現れてくる仏様の姿に無上の喜びを感じています。
 今回は毘沙門天と吉祥天夫妻に挑戦しました。夫である毘沙門天の厳めしさに対して、妻である吉祥天の優しさをいかにして出せるかがポイントと思って彫刻しました。結果、吉祥天で奨励賞を頂き、この狙いがある程度実現できたかなと嬉しく思っています。今回の受賞を励みに今後も様々な仏さまに向き合っていきたいと思います。

吉祥天
奨励賞

不動明王像
岩渕 一作(中級科)

不動明王 コメント
不動明王のお顔は憤怒の様相に、体つきは童子の体型に、このように彫ることができるだろうか。 また、左手に持った縄をどのようのしてくりぬくことが出来るか、この小さな坐像が仕上がるか、半信半疑で挑戦したものですが、先生方の指導を受けながら、何とか出来上がった不動明王像です。
 良く、ここまで彫れたものだと思っています。まだまだ先輩方の作品には、ほど遠いのですが、これからもいろいろと技量の向上に努めてまいりたいと思います。

不動明王
奨励賞

初級作品
塩川 貞夫(初級科)

コメント


--彫る悦びを味わう仏像彫刻--

「無心に彫る」ということは、心身を若返らせ、心にさとりを、人生に希望を与えてくれます。
当方の彫刻教室は最も大切な基礎(小刀の使い方)に始まり、仏足、仏手、お顔、仏頭、全身像という具合に進みます。観音菩薩、釈迦如来、阿弥陀如来、不動明王など短期間に彫れようになります。通常は、月に2回の講習のため2年弱で一通り彫れるようになっており、熱心な生徒は1年足らずで観音様などの立像を彫ることも可能です。入会お考えの方は下記の案内へお進みください。
仏像ドットコム・東洋仏所 仏師、瑞雲の略歴(仏像彫刻家)仏師、瑞雲の彫刻展などイベント情報仏像の知識癒しの仏像かわいい仏様
TOP 通信教育 癒しのアート
仏像彫刻ワールド BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[首都圏仏像彫刻教室案内][京葉教室][町屋教室][[金町教室][][目黒教室][北千住教室][蘇我教室]
[仏像事典][仏像初詣][お問い合わせ][サイト概要] [瑞雲の法話]
Copyright 2010-2020 松田瑞雲 無断転用禁止