仏像彫刻展(第19回仏師瑞雲流仏像展)

仏像彫刻top 仏像彫刻展トップ 10回展 11回展 12回展
14回展 15回展 16回展 17回展 18回仏像展 19回仏像展 20回仏像展
 21回仏像展 22回仏像展         
三賞 佳作賞 奨励賞 講師作品 その他作品 第19回ハイライト

2010年度仏像彫刻のテーマ 癒しの表情 奨励賞 


受賞作品発表展2010年9/7〜9/12(船橋スクエア21)

奨励賞

地蔵菩薩半跏像

中級科 田中 忍
今回、奨励賞を頂き身の引き締まる思いでいます。地蔵菩薩像といえば立像とばかりと思っていましたが雑誌で
座像のお姿を拝見し、機会があれば彫ってみたいと思っておりました。そんな折り仏像彫刻展が開催されるとの事、
中村先生より出展してみたらとの御言葉を頂き初めて出させて頂きました。彫るにあたり全てが大変でしたが特に
お顔には苦労しました。まだまだ未熟では御座いますが、仏像彫刻の奥の深さを感じながら健康な限りこれからも
仏像造りに挑戦していきたいと思っています。
仏像事典 延命地蔵菩薩半跏像
奨励賞

不動明王像 

初級科 日暮 巖
 コメント  この度は不動明王像で奨励賞を頂きまして誠にありがとうございます。通信教育ですので
「仏像彫刻展」は瑞雲先生はじめ、他の方々の作品を見ることができる貴重な機会です。彫刻をはじめて丁度2年、
これからもじっくりと勉強していき、次回も作品を出展したいと思います。
仏像事典 不動明王
奨励賞  
 

仏面四点 仏像ブーム

初級科 桶田勝
 私は、仏像彫刻を始めてまだ10ヶ月目、初めて出品した彫刻展でそれも「奨励賞」という賞をいただき、誠に光栄に思っています。仏像彫刻をやろうと思い立った動機をまず申し上げましょう。わが家の大きい金仏壇には仏様四体が鎮座されています。仏様をよく拝見しますと、手足が欠けていたり、漆の剥げた箇所があったりで、少し見苦しいお姿となっておられます。それで、前々から何とかしなければと思っていました。ある日、新聞記事でしたか、「若い娘たちに仏像ブーム」というのを目にし、「そうだ!仏像彫刻もいいな〜」と思いつき、早速、インターネットで仏像彫刻講座をアクセスし、「瑞雲流」教室をピックアップ。
 そして21年の暮れに、町屋教室を見学させていただき、22年の1月から習い始めたのです。手板の地紋彫りから始まり、仏の手・足と進み、今回出品した大黒様、恵比寿様、観音様、不動様の四面を完成させました。最初、四角の木片を彫刻刀で荒削りしていくのですが、いつも製作途中では「本当にモノになるのかな〜」と不安で一杯です。石膏見本と睨めっこしながら、目鼻や口を彫り進めると、何となくそれらしくなってきます。ただ、自分の彫った仏像をじっと眺めていると、なぜか何となく自分の顔に似ている感じがします。お顔の表情が少し堅く、観音様も男っぽい。今は初級科の講座ですが、これから中級科へ進級、そして師範科まで辿り着けば、自分の手で彫った仏像に手を合わせたくなるような、慈悲深いお顔となるでしょうね。そうなりたいと願っているこの頃です。

彫る悦びがある仏像彫刻教室

 「無心に彫る」ということは、心身を若返らせ、心にさとりを、人生に希望を与えてくれます。当方の彫刻教室は初級科では最も大切な基礎(小刀の使い方)に始まり、仏足、仏手、お顔、仏頭、全身像という具合に進みます。観音菩薩地蔵菩薩阿弥陀如来不動明王など短期間に彫れようになります。この段階では各課題に出来上がり石膏見本が付いていますので教室でも自宅でも見本を見ながら彫刻できて進歩上達がとても早くなるわけです。
   また、中級科では鬼子母神弥勒菩薩阿修羅像弘法大師像 、摩利支天など難度の高い天部や高僧などの彫刻も学ぶことができます。この段階は、もう見本はありませんが仏像の作図と写真( 木取り、粗彫りの仕方や各方向から見た完成写真など)だけで摩利支天など非常に難易度の高い仏像も彫れるようになっていく段階です。
 師範科は中級クラスの方でで、仏像彫刻展などで優れた技能を評価されたりして優秀さが認められた方が在籍できます。
 通常は、月に2回の講習のため2年弱〜2年半くらいで初級科の段階を卒業でき一通り仏像が彫れるようになっており、熱心な生徒は1年足らずで観音様などの立像を彫ることも可能です。入会お考えの方は下記の案内へお進みください。

 仏像彫刻教室案内
仏像ドットコム・東洋仏所 仏師、瑞雲の略歴(仏像彫刻家)仏師、瑞雲の彫刻展などイベント情報仏像の知識癒しの仏像かわいい仏様
TOP 通信教育 癒しのアート
仏像彫刻ワールド BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[京葉教室][町屋教室][金町教室][池袋教室][目黒教室][北千住教室]
[蘇我教室][仏像事典][仏像販売][お問い合わせ]

Copyright 2010-2020 松田瑞雲 無断転用禁止