仏像彫刻展(第19回仏師瑞雲流仏像展)

仏像彫刻top 仏像彫刻展トップ 10回展 11回展 12回展
14回展 15回展 16回展 17回展 18回仏像展 19回仏像展 20回仏像展
 21回仏像展 22回仏像展         
三賞 佳作賞 奨励賞 講師作品 その他作品 第19回ハイライト

2010年度仏像彫刻のテーマ 癒しの表情 講師作品


受賞作品発表展2010年9/7〜9/12(船橋スクエア21)

講師仏像彫刻作品

薬師如来像 坐像

宗家 松田瑞雲
この作品は宮崎 王楽寺薬師如来坐像 (木造 像高85cm 鎌倉時代 重文)を参考に彫刻しました。この像は重厚感があり堂々としていて、衣紋の彫りも深く鎌倉時代特有の写実性があります。お顔や体がふっくらと彫られており
瞼の広さ、切れ長の眼、豊かなあごのふくらみ、胸や腕のふくらみ等、私が好きな如来さまの御一体です。 
仏像事典 薬師如来像 坐像

阿修羅

仏師 中村瑞
眉根を寄せ、愁いを含み、目には涙を浮かべ何かを真剣に見つめている表情に魅力を感じ国宝阿修羅展では釘付けになりました。  
 古代インド神話の阿修羅王は帝釈天を向こうに廻して荒々しい合戦を繰り返す悪~でしたが、興福寺のアシュラ像は釈迦の教化によって仏法の守護神 となった姿で、恐ろしい顔から浄化された顔へと移りゆく過渡期の表情です。
仏像事典 阿修羅
 
 

如意輪観音

仏師 佐々木瑞朝
展示会コメント京都、宝菩提院の如意輪観音の彫りの深さ、そして滝水の流れるような姿の美しさに魅了され制作してみました、天衣、条帛、裳がどこをどのように通り、何が上で、何が下に重なり合って、末端まできているのか、複雑で苦労もありましたが、それなりに勉強になった作品でした。
仏像事典 宝菩提院如意輪観音
 
 

地蔵菩薩

仏師 湯浅 瑞鳳
大地の徳、万物育成の力を神格化したのが地蔵菩薩といえます。大地は母ですから、子供の守り本尊として民衆の中に溶け込んで救いをもたらし深く慕われる私たちにとって身近に感じる菩薩です。室生寺金堂母屋に安置されている地蔵菩薩立像の納衣(のうえ)に刻まれた丸みのある稜線、右手の動きのある与願印のイメージをもとに、大地からわき出る力強いパワーを持ったお地蔵さんに表現しました。
仏像事典 地蔵菩薩

彫る悦びがある仏像彫刻教室

 「無心に彫る」ということは、心身を若返らせ、心にさとりを、人生に希望を与えてくれます。当方の彫刻教室は初級科では最も大切な基礎(小刀の使い方)に始まり、仏足、仏手、お顔、仏頭、全身像という具合に進みます。観音菩薩地蔵菩薩阿弥陀如来不動明王など短期間に彫れようになります。この段階では各課題に出来上がり石膏見本が付いていますので教室でも自宅でも見本を見ながら彫刻できて進歩上達がとても早くなるわけです。
   また、中級科では鬼子母神弥勒菩薩阿修羅像弘法大師像 、摩利支天など難度の高い天部や高僧などの彫刻も学ぶことができます。この段階は、もう見本はありませんが仏像の作図と写真( 木取り、粗彫りの仕方や各方向から見た完成写真など)だけで摩利支天など非常に難易度の高い仏像も彫れるようになっていく段階です。
 師範科は中級クラスの方でで、仏像彫刻展などで優れた技能を評価されたりして優秀さが認められた方が在籍できます。
 通常は、月に2回の講習のため2年弱〜2年半くらいで初級科の段階を卒業でき一通り仏像が彫れるようになっており、熱心な生徒は1年足らずで観音様などの立像を彫ることも可能です。入会お考えの方は下記の案内へお進みください。

 仏像彫刻教室案内
仏像ドットコム・東洋仏所 仏師、瑞雲の略歴(仏像彫刻家)仏師、瑞雲の彫刻展などイベント情報仏像の知識癒しの仏像かわいい仏様
TOP 通信教育 癒しのアート
仏像彫刻ワールド BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[京葉教室][町屋教室][金町教室][池袋教室][目黒教室][北千住教室]
[蘇我教室][仏像事典][仏像販売][お問い合わせ]

Copyright 2010-2020 松田瑞雲 無断転用禁止