Q12   ヒット曲やカラオケは好きだけど、音楽の授業は苦手。

ヒット曲も音楽の教科書の曲も、同じ音楽です。

確かに、歌は使い古されるとつまらなくなるという傾向があるけれど、

新しいものがすべていいとは限らないでしょう。

多分、ヒット曲は好きだけど、音楽の授業は嫌だという人は、

曲の問題ではなくて、

その人が「聴く人」なのか、「する人」なのかの違いだと思います。

ヒット曲は聴いているだけで楽しめばいいけれど、

音楽の授業は聞いているだけじゃ、しのげませんからね。

では、音楽の授業を楽しむこつを

1 腹式呼吸で歌えるようにすること

2 裏声が出せるようにすること

3 十個の音符、どれがドでどれがレかすぐにいえるようにすること

4 何でもいいから、ひとつの楽器で歌のメロディが弾けること

この4つができれば、音楽の授業は楽しくて仕方なくなりますよ。

車が好きでも、自分で運転できなくちゃ楽しさ半減。これと同じで、音楽の授業を楽しむには、やっぱり技術が必要です。

1,2はメールマガジンに詳しく書いたので、読んでみてください。

3は、ドレミファソラシドレミの10この記号を覚えるだけ。

あいうえおかきくけこ、の10文字を外国の人が覚えるのと同じ苦労をすれば覚えられます。

3ができると、4はリコーダーかオルガンなどが簡単にできるようになるので、あっというまにうまくなります。

少しの苦労でたくさんの喜び。これが小学校高学年の学習です。


        ホームへ      One of Crewへ