Q18  勉強は大丈夫だが、係活動などの行動面が今ひとつだと面接で言われました。  

A18    タイタニックという映画が、今年は大当たりです。タイタニックのことを考えるといつも思うことがあります。それは、「客と乗組員」ということです。

 タイタニックという船には、客と乗組員という2種類の人間が乗っています。(厳密にいうと、この場合は、乗組員がさらに2つにわかれるのですが、ここでは、それには、言及しないことにします。)

 タイタニックの場合、すべてがこのように分かれるわけではありませんが、氷山にぶつかった時に、客と乗組員は、概ね次のような反応を示します。客の方は、沈まないと言った約束はどうなったと文句を言い、我先にと船を出ようとします。乗組員は、沈没の回避をまず先に考え、一人でも多くを救うことで、タイタニックに乗っている誇りを守ろうとします。

 客は、文句を言う分だけの費用を払っているので、それに見合わない事態が起きたことに対してクレームをつけるのは当然の権利であるといえます。また、この船を捨てていくことも、当然のことです。

 私がいつも気になるのは、自分が客なのか、乗組員なのかを正しく自覚していない人間がいるのではないか、ということです。

 「家庭」という船に乗っている「家族」という人達は、客でしょうか。乗組員でしょうか。

 お父さんとお母さんは、家庭という船の「建造」から携わっている乗組員以上の存在です。二人で作り始めた船にやってきた子供はどうでしょう。生まれたばかりの子供は、お父さんとお母さんの至福の喜びの中で船に迎えられます。大事な人として迎えられます。

 しかし、この歓迎されたお客さんは、成長と共に乗組員になっていかなければいけません。家族に誇りを持ち、自分の役目に責任の持てる立派な乗組員になるのです。

 では、彼らは、いつから客から乗組員に変わっていくのでしょう。  

 子供が成長して行く過程は、生まれた後を三つの時期に区切るとわかりやすい、ということをこれまでに書きました。生まれてから乳歯が抜け始めるまで、永久歯がほぼ生えそろうまで、第2次性徴が完成するまで、の3期。人それぞれ成長の速度は違いますが、日本では6年ずつ区切ることが基本となっています。

 大人になって(18歳をすぎて)も、家族、社会の一員としての意識が全くないのは、もちろん困りますが、私は、第3期の12歳以降はメンバーの一人としての意識や経験が確立していなくてはいけないのではないかと思っています。

 中学生後半から高校生。体はりっぱな大人です。まだ未熟なところが多いとはいえ、生まれたばかりの赤ちゃんのような「ゲスト」の意識のままでは、困ります。家族や社会への貢献は十分できなくても、家族や周りの人のことに気を使わず傍若無人にふるまう中高生では、人間として失格です。

 そう考えると、この6歳から12歳、すなわち小学生の時期が、「ゲスト」から「スタッフ」へ意識や行動を変えていく時期だといえます。

 学校では、成長に合わせ、子供たちに任せる部分を増やし、学校や社会の乗組員としての意識や経験を高めていこうとしています。

 1年生から学級の係活動を始めます。最初は、学級の中だけの仕事ですが、3,4年になると代表委員会が始まり、自分たちの行動が学校全体にかかわっているということがしだいに分かってきます。5年生になると、委員会活動が始まり、直接学校全体の動きにかかわるような仕事が任されます。

 また、小さなころは、先生が決めてくれたひとつの仕事をやりこなすことで、達成感を味わうことから係活動が始まります。しかし、高学年になると、係活動の内容も、自由に決定できる部分が多くなります。

 自由が多いということは、任される部分、責任を持つ部分が多くなるということです。「任される」ことで、自由には同じ重さの誇りと責任が伴っているということを、知っていきます。

 人は誰も生まれながらにして自由だということと、誰もが家族の、社会の、人類の、そして、この星のメンバーの一人であるということと切り離して教えてしまうと、大変なことになってしまいます。  

 成長の早さは人それぞれですから、5年生のこの時期の教室には、乗組員の意識をはっきり持っている子から、そうでない子まで、混在しています。

 給食の支度や片付け。率先して、全体の給食の仕事をしようとする子。当番がやり残していることを、すばやく見つけて、黙ってそれに取り掛かる子。片付けのとき、誰も気づかない床に落ちた残飯を毎日始末してくれる子。そして、1年生の時のように、ただ、自分のお盆を持って順番を待つだけの子。片付けの時に、食器を乱暴に扱い残った食べ物を飛び散らせたり、牛乳の空きパックをケースの中に放り投げていく子。

 朝の会、帰りの会。時計を見て、さあ、始めようと働きかける子。時間には気づかなかったけれど、友達が声をかけると気づいて、会を始める準備をする子。そして、会が始まっているのを知ってか知らずか、自分勝手なことをしている子。

 クラスみんなで遊ぶ時間を作った方がクラス全体が仲良くなるのではないか、と気づき、みんなに呼びかけ、計画し実行にうつす子。それに賛同して、協力しようとする子。そして、「今日の遊びはつまらない。」と文句を言うだけの子。

 この違いをよく「性格」という言葉で片付けてしまうことがありますが、私は、そう思っていません。たまたま同じ歳としてくくられているだけで、このクラスのメンバー全員が、「成長の山」の同じ高さを登っているとはいえないでしょう。人それぞれで当然なのです。

 ただ、気をつけなければいけないのは、本当にその子の成長に合わせて精神の成長がなされるように、経験が積まれているかどうか、ということです。

 お家では、どうでしょうか。お子さんの成長に合わせて、家事を任される部分は増えているでしょうか。夏休みというのは、それについてチェックしたり、任せる部分について検討するよい機会だと思います。  

     One of Crewへ    ホームへ