Q19  仕事が忙しく、子供と長い時間いっしょにいられません。  

A19                  

 今週のお母さんの仕事は、夜勤(午後4時から午後10時まで)だから、家に帰っても、お母さんがいないことがある。昼間の仕事の時は、午前8時から午後5時までだから、夜、いっしょにいられる。だから、夜勤の週はとてもさみしい。
 いつもは、お母さんがいて、いっしょにテレビを見て、とても楽しい。時々お母さんとけんかして、いやだなあと思うけど、いないと、夕食の時も話があまりなくて、しーんとしている。「おやすみ」ってふとんをかけてくれる人もいないし、心ぼそくてすごくさみしい。
 けど、Bさんの気持ちには、きっと全然届かないだろうなあ。
 いつもけんかしてるけど、お母さんはとってもとっても大切な人だ。
            ※


 大切な家族と、いつでもいっしょにいられたら、最高に幸せですね。でも、残念ながら、そうはうまくいきません。生きていくのは、そんなことさえ許されないほどたいへんなことです。

 お母さんと24時間一緒にいることはできませんが、いっしょにいる気分になることはできます。自分の中に、お母さんを入れてしまうという方法です。

 まず、お母さんの弟子になりましょう。お母さんと一緒にいられる時は、ぴったりくっついて、お母さんの持っている技を伝授してもらうのです。

 炊事、掃除、洗濯・・・師匠のお母さんから学べることは、山のようにたくさんあります。弟子になって、それを、一つでも多く身につけましょう。お母さんがいなくてさみしいときも、お母さんと同じ味で料理を作る。同じ畳み方で、洗濯物をしまう。・・・体は仕事場にいても、お母さんの心は、いつもすぐそばにいてくれるようになります。

 弟子として修行をするということは、お母さんと一緒にいる時を、今までより、もっともっと充実したものにしなければいけないということです。

 お母さんも、師匠として、がんばってください。    

     One of Crewへ     ホームへ