Q23  シャープペンを禁止されましたが、どうしてだめなのか説明してもらえません。 

A23                     

 ぼくは、このごろ鉛筆を使うようになった。四年生までは、シャープペンでやっていたのに、五年生になってから、ほとんど使っていない。鉛筆を使うのがくせになっている。何か書こうとすると、必ず鉛筆をとる。シャープペンが使いにくくなってきた。ついこの前までは、鉛筆なんて一本しか持っていなかったのに、今では五本もある。先生も、鉛筆の方が、持ち方がよくなるとおっしゃった。これからは、鉛筆でいこうかなと思っている。
                 ※


 シャープペンは便利な道具です。削らなくていいのですから、時間の無駄がありません。なんとすばらしい発明でしょう。

 ただし、道具には、それなりの使い道、よい部分、悪い部分があるので、必ずそれを見極めて使わなくてはいけません。調理に不可欠の包丁も、人間の肉を切ってはどうしようもありません。20世紀最大の発明であるコンピューターも、その特性を生かせずに、苦しんでいる人はたくさんいます。

 シャープペンの最大の長所は、削らなくてもよい芯です。そして、最大の短所も、この削らなくてよい芯なのです。削らなくてもよくするために、芯は細くなければいけません。この細さが、未だに、鉛筆並の強さと共存しないのです。

 特に、シャープペンの芯は、斜め方向の力に弱いため、書いていると、紙に対してシャープペンは垂直に近くなっていきます。鉛筆の最も良い持ち方である、斜め方向ではなくなってきます。書写の本に書いてある正しい鉛筆の持ち方は、最も、指のリラックスできる方向に、鉛筆が向いています。シャープペンが立って、垂直に近づけば近づくほど、指は、緊張していきます。

 指先の緊張によって、例えば、鉛筆の場合、1時間集中できた子が、55分しか集中できなくなったとします。たった5分ですが、1年では、30時間以上の差が出てしまいます。

 また、シャープペンが垂直になることによって、手首が必要以上にかえり、普通の姿勢からは、書いている字が見えなくなります。そうすると、姿勢は、自然に前かがみになっていきます。前かがみになって最も悪い影響を及ぼすのは、肩から首へかけての筋肉の緊張です。ここが緊張すると、脳へ行く血液が少なくなり、脳の働きがにぶります。これも、集中力を低下させます。

 シャープペンを使っている人の中には、鉛筆と同じように持ち、上手にリラックスして書いている人もいます。ただ、残念ながらそういう子は、まれにしかいません。

 シャープペンを、ぎゅっと握り、垂直に立てるのは、良い頭をわざわざ悪くしているようなものです。   

      One of Crewへ    ホームへ