Q24  本読み(朗読)の宿題が毎日出ますが、同じ所を読むので、だれてしまって、効果がないようですが。  

A24    本読みの場所は、基本的には、現在、国語の授業でやっているところが、すらすらと読めるまで読む、というふうにするのがよいでしょう。

 詩のような短いものは、全文を毎日読んでもいいですが、長い説明文や物語文の場合は、毎日同じように全文を読み続けるのは、さほど効果が上がりません。一番の弊害は、飽きてしまうことです。

 長い文章を学習しているときは、2,3ページずつに区切って、読む練習を毎日くりかえし、うまく読めるようになったら、次の日から次の3ページに進む、というように進める方が、集中力も増し、進歩が早いでしょう。

 学校での国語の学習が終わる前に、そこの文章がうまく読めるようになったら、“学校”より早く次に進んでもいいし、今読んでいる本の2,3ページを音読してもよいでしょう。

 以外に盲点なのが、算数、社会、理科など、他の教科の教科書です。国語の教科書の物語文は感情豊かに読めるのに、他の教科書が全然読めない、という子が意外に多いのです。

 特に5,6年生の社会科の教科書は、新しい用語が多く、使い慣れていないと、すらすら読めません。ところが、ここに出てくる社会科用語が、実は、実社会でも多く使われている言葉なのです。

 本読みで大事なのは、まず、毎日続けることです。“飽きない根性”も、もちろんなくてはいけませんが、“根性”ですべては補えません。新鮮さを作る工夫が自分でできるようになった子だけが、これからの長い人生を充実させることができます。


  One of Crewへ     ホームへ