Jeff Beck

Discography Part 4

1999 - 2011



37

 *Best of Beck

1995

★★★

 こちらは CD 1枚モノの『表』ベスト・アルバム.やはり選曲に不満が残ります....

38

Who Else!

1999

★★★★

 "Clazy Legs" は別格(?)とすると,なんと10年ぶりのニュー・アルバムということになりますが, Beck さんのギターは健在でした,良かった....  "Clazy Legs" 聴いて,まさかあの方向に進んでしまうことなどはないと思っておりましたが,あまりにも音沙汰がなかったので,もしかしたら引退?などと考えていた矢先だったもので.... 久々に Yan Hammar さんが参加していることもあって,前作の "Jeff Beck's Guitar's Shop" よりも "Wired" や "There and Back" に近い雰囲気を持った作品となっておりますが,実はこれってあまり歓迎すべき事じゃないんだよね.... というのは,確かに Yan Hammar さんが関わっている Beck さんのアルバムは全て水準以上の出来だとは思いますが,私,この人のセンスってそれほどのもんじゃないって言うか,それよりもワンパターンが鼻についてきたせいなのか,あまり好きじゃなくなって来ているもんで.... やはり "Blow by Blow" を超えることは不可能かしらん?

39

You Had It Coming

2000

★★★★

 やっぱりこの人凄いよ...
復活作 "Who Else !" もやはり衝撃的ではありましたが,それ以上に『Beck 復活』を強烈に感じさせてくれる作品です.私この人って, Rock Music における Guitalist のあるべき究極の姿を確立した人だと思うし,またその方法論としてのインスト・アルバムっていうのも,やはり絶対的な表現方法として当然の帰結だったと思います.

40

Jeff

2003

★★★★★

 脱帽! とても59歳になるオヤジのつくり出すサウンドとは思えん... やはり人間は年令じゃないです.とっても残念な事ですが, Zappa & Gallagher & Ronson のお三方が亡くなり, Clapton 引退が囁かれ, Page さんは Zeppelin 号とともに墜落してしまい, Blackmore 氏は燃え尽きて家庭人となってしまった(?)現在,私にとって真の ROCK Guitarist と呼べるのは,もはや Johnny Winter さんとこの人くらいになってしまったよ〜な気がします.

41

Jeff Beck Live at B.B. King Blues Club & Grill New York

2005

★★★★

 Jeff Beck さん28年ぶりのライヴ・アルバムだそ〜ですが,前2作の "BB&A Live"(19)が日本のみでのリリース, "Jeff Beck with the Jan Hammer Group Live"(24)がジョイント・アルバムだったことを考えると,初の本格的なライヴ・アルバムということになると思います. Blow by Blow" 以降のアルバムからバランス良く代表曲が選曲されており, Beck さんの全く衰えのないプレイには,愕然とさせられてしまいました.全16曲を収録.

42

Official Bootleg USA '06

2006

★★★★

 "Jeff Beck Live" の続編というべきなのか,久々にライブ出したと思ったら,何と今度は2作連続のライブ・アルバム.相変わらず何を考えているのか良くわからん人ですが.... 2006年春に行われたアメリカ西海岸ツアーの中から,ハリウッドにあるライヴ・ハウス,ハウス・オブ・ブルースでの4月5日の演奏を収録.何と言っても今回の目玉はラストに収録されている "Over the Rainbow" らしいですが,収録されている全14曲,Beck さんの渾身のプレイが堪能できます.



43

Performing This Week... Live at Ronnie Scott's

2008

★★★★

 またしてもライブ・アルバム??? 2007年11〜12月にロンドンのロニー・スコッツ・クラブにおける音源を収録.今回の聴き物は The Beatles の "A Day in the Lofe" のカヴァーらしいですが,個人的にはオープニングの "Beck's Bolero" と "Cause We've Ended as Lovers" の収録が嬉しかったです.

44

Emotion & Commotion

2010

★★★★

 というわけで,3作のライヴ・アルバムをはさんで,スタジオ・アルバムとしては "Jeff"(39)以来7年ぶりのニュー・アルバム.今回は,あの "Over the Rainbow" のスタジオ・ヴァージョンを含む10曲に,ボーナス・トラック2曲を収録. Joss Stone ・ Olivia Safe ・ Imelda May の3人の Vocalist の起用も正解でした.

45

Emotion & Commotion <Limited Edition>

2010

★★★★

 上記44の CD + DVD + ギター・フィギュアの完全限定盤です.

46

Live and Exclusive from the Grammy Museum

2010

★★★★

 8曲収録されていますが,収録時間短いです

47

Rock'n'Roll Party Honoring Les Paul

2011

???

 2010年6月8・9日,NY イリディウム・クラベで行われたライヴ音源.日本先行発売だそ〜ですが,時々この人こういうアルバム創りたがるのよね.でも "Crazy Legs"(34)同様,はっきり言って他の Beck さんのアルバムと比較して評価不可能です.今回は Imelda May ・ Darrel Higham ・ Brian Setzer ・ Gary U.S. Bonds ・ Thombone Shorty の5名が Special Guest として参加してます.

48

Live in Tokyo 1999

2011

★★★★

 1999年2月6日, Tokyo International Forum におけるライヴを収録した CD 2枚組.