Tyrannosaurus Rex

DIscography Part 1-01(Oliginal Albums 1968 - 1970)

1

My People Were Fair and Had Sky in Their Hair...
But Now They're Content to Wear Stars on Their Brows

1968

★★★

【Side-A】
Hot Rod Mama
Scenescof
Child Star
Strange Orchestras
Chateu in Virginia Waters
Dwarfish Trumpet Blues
【Side-B】
Mustang Ford
Afghan Woman
Knight
Graceful Fat Sheba
Weilder of Words
Frowning Atahuallpa

  Della が本格的に音楽聴き始めたり,レコ集めたりし始めたのが,1972年だったのですが,この年日本のヒット・チャートを席巻していたのが,国内のアーティストではよしだたくろう,海外のアーティストでは T. Rex だったわけで,この両者は Della にとってその後ず〜っと音楽にはまる原因となった戦犯なのです.ラジオのベストテン番組(名前は忘れた)で,『テレグラム・サム』・『メタル・グゥルー』を聴いて,とのかくカッコいいって思って,まずはシングルから買い集めました.そして,もちろん T.Rex から遡ってこのアルバムを聴いたわけですが,最初に聴いたとき,何が何だかわからんけど凄いと思いました.でも,聴けば聴くほどハマっていくヘンな魅力があって, Bolan 氏独特のヴァイブレーションとアコスティック・ギターとパーカッションの醸し出す雰囲気は,ひとつの小宇宙を形成しているかのような感がしました.ここに収録されている曲の中では, 比較的わかりやすい "Hot Rod Mama" ・ "Child Star" ・ "Strange Orchestra" ・ "Mustang Ford" あたりが好みなのです.


2

Prophets, Seers and Sages, the Angels of the Ages

1968

★★★★

【Side-A】
Deboraarobed
Stacey Grove
Wind Quarters
Consuala
Trefawny Lawn
Aznageel the Mage
The Friends
【Side-B】
Salamanda Palaganda
Our Wonderful Brownskin Man
Oh Harley (the Saltimbanques)
Eastern Spell
The Travelling Tragition
Juniper Suction
Scenescof Dynasty

 前作に引き続き,アコースティック・ギターとパーカッションのサウンドおよび難解な詩で摩訶不思議な世界を堪能させてくれる作品で,個人的には一番良く聴く Tyrannosaurus Rex のアルバムです.ラジオで耳にした T. Rex のシングル曲のカッコ良さに打ちのめされて,当時中学生でお金があまりなかったので,シングルから買い集めていったのですが,その頃 Tyrannosaurus Rex 名義のシングルで再発リリースされていたのが『デボラ』でした.最初は一連の T. Rex のブギ・ヒットとはあまりに違った雰囲気を持つこの曲を聴いて,「何じゃこりゃ〜」と思ったものでしたが,聴き続けていくうちに何かしらんけどハマって行きました.アルバムとしては, やはり"The Slider" ・ "Electric Warrior" ・ "T. Rex" と遡って聴いていった後,やはり当時日本でリリースされていた Tyranosaurrus Rex の 2nd & 1st のカップリング 2LP を聴いたのですが, T.Rex とは違った妖しい魅力に次第にハマっていったのでした. Tyrannosaurus Rex のサウンドについては,『麻薬のような魅力』が明らかに存在していたと思います.故植草甚一さんでしたか,「 '70年代は麻薬のような時代だった」という名言がありますが,その時代を作りだしていったのは,やはり '60年代末期に次々に現われたアーティストとその優れた作品たちだったと思うのです.ここに収録されている曲の中では, "Deboraarobed" ・ "Stacy Grove" ・ "Saramanda Paraganda" ・ "Eastern Spell" あたりが好みなのですが,再発テイチクCD で "Deboraarobed" の邦題が『デボララボデ』となっていたのには「???」でした.


3

Unicorn

1969

★★★

【Side-A】
Chariots of Silk
'Pon a Hill
The Seal of Seasons
The Throat of Winter
Catblack (the wizard's hat)
Stones for Avalon
She was born to be my Unicorn
Like a White Star, tangled and far, Tulip that's what you are
【Side-B】
Warlord of the Royal Crocodiles
Evenings of Damask
The Sea Beasts
Iscariot
Nijinsky Hind
The Pilgrim's Tale
The Misty Coast of Albany
Romany Soup

 前2作にくらべて聴きやすくなったような印象をうけましたが... やっぱり難解でした.このアルバムを最後に Steve Took と訣別した Marc は,グラム・ロックの大スターへの道を歩みはじめたのでした.ここに収録されている曲の中では,何と言っても "Catblack (the witherd's hat)" と "She was born to be my Unicorn" の2曲.「凄い曲作るな〜」って思いましたね.


4

A Beard of Stars

1970

★★★★

【Side-A】
Prelude
A Day Laye
The Woodland Bap
Fist Heart Mighty Dawn Dart
Pavilions of Sun
Organ Blues
By The Light of A Magical Moon
Wind Cheetah
【Side-B】
A Beard of Stars
Great Horse
Dragon's Ear
Lofty Skies
Dove
Elemental Child

 Steve をクビにした後,Micky Finn を新しいパートナーに加え,エレクトリック・サウンドを導入した Tyrannosaurus Rex としてのラスト・アルバムですが,気分はもう T.Rex.ここに収録されている曲の中では, "By the Light of a Magical Moon" と "Dove" ,そして何と言っても "Elemental Child" ,エンディングが秀逸だったと思います.