加川 良

 1947年11月21日生まれ.'60年代末に無名 GS にヴォーカルで在籍.1970年の第2回フォーク・ジャンボリーに飛び入り出演し,『教訓 I 』を歌い注目を浴びる.翌年の第3回フォークジャンボリーでは,ニュー・フォークの新星として吉田拓郎と人気を二分し,以後関西フォークを代表するシンガーの一人となる.
 ニュー・フォーク・ブームの衰退と共に,'80年代には活動が停滞するが,90年代にカムバック.2000年代にはすぎの暢氏とのユニットで活動,現在に至る.
 2017年4月5日,急性骨髄性白血病のため死去.ご冥福をお祈りします.


Discography Part 1 (1970・71年 中津川フォーク・ジャンボリー)

Discography Part 2 (1971 〜 1995)

Discography Part 3 (1996 〜 )