本文へジャンプ
日本共産党三島市議会議員
JCP
下山かずみONLINE
日誌  議会情報   プロフィール   リンク    2016.12.03  更新    アクセスカウンター”boder="  

 【16.12.03】「日本型福祉国家」のビジョンを明瞭に示すことができるように・・・


 
 今年の明るい話題は、リオオリンピック・パラリンピックでの日本人選手の活躍や、参議院選挙での市民世論に後押しされた「野党共闘」の成功などがあります。
 一方、医療や介護、年金、TPPなど生活に直結する分野は勿論、自衛隊の駆けつけ警護、リニア新幹線への公的資金投入、過去最大の「防衛」予算など、安倍自公政権の留まるところない悪政に、心底から怒りを覚えます。
 市民の運動が、野党共闘を求め、支えました。それはとりもなおさず、自公とその補完勢力の政治が、あまりにも悪政だからです。
 安保法制の強行と立憲主義を壊す暴政を、許すことはできないという強い世論がありました。
 しかし、マスコミの安倍政権の支持率60%超えの報道に「なぜ?」と首をかしげる方も多いいのではないでしょうか。
 国民が安倍政権を「支持」する要因の一つは、最大の情報源であるマスコミが、政権からの圧力で萎縮し取り込まれ真実を報道しないことがあるのではないでしょうか。
 もう一つは、野党が、安倍政権に対置する新しい日本の国づくりを、明瞭に示せていないことがあるのではないでしょうか。つまり、国民には選択肢がないということではないでしょうか。


 
 

 大企業の経営・利潤を第一にし、株の高低に執心する資本主義ではなく、高負担であったとしても、現在の生活と将来の暮らしに安心・安定をもたらす「福祉国家」を国民は求めているのではないでしょうか。
 1000兆円を超える国の借金は、最終的には国民に降りかかってくるものとのアピールが功を奏し、国民は力のない野党には政権を委ねられない、生活を任せられないと思い込まされています。
 真実を伝え、自公とその補完勢力がすすめる政治では国民生活の未来はないことと、それに代わる国家像を示す政党にこそ、国民に期待を寄せてもらえるのではないでしょうか。
 日本共産党の社会主義、共産主義の国家像は、民主主義を土台に、国民主権と、人権と生存権を最大限保障する福祉国家です。このことを、わかりやすく伝える努力を重ねていきたいと思います。
 〒411-0824 静岡県三島市長伏94-1
TEL/FAX 055-977-5885
kazumi98shimoyama@yahoo.co.jp
 http://www2.tokai.or.jp/kazumi98/
 (C)2000.4.1 kazumiShimoyama,allrights reserved