Q33  頭がよくなるってどういうことですか。   

A33  
 脳の仕組みは複雑で、解明されていない部分もたくさんあります。しかし、脳がこの国の最もすばらしい“資源”のひとつであり、子供それぞれの幸せを握る鍵であることを考えると、そろそろ子供たちも、脳について意識した方が良いと思われるので、子供たちには、こんなふうに脳はできている、と話してあります。

 ・脳は、何億こもの小さな部屋の集まりである。
 ・部屋の一つ一つには、覚えたことが入るようになっている。
 ・部屋に知識がひとつ入ると、忘れないようにドアが閉まる。
 ・その知識が必要なときは、ドアが開き、中を見る。
 ・覚えたばかりのときは、蝶番も滑らかに動くので、ノックすれば、すぐにドアが開く。
 ・その部屋を長い間使わないと、蝶番がしだいにさびてきて、ドアが開きにくくなって、その中が見えなくなる。

 この話の続きはまだあるのですが、この話が理解できた後、子供たちには、続きを話します。

脳がこのような仕組みになっていると考えると、優しく友だちに教える子は、さらに頭が良くなったと言えます。一度しっかり勉強して、友達のためにドアを開けたので、蝶番がさび始めるのが、先へ伸ばされたのです。

 1カ月前の夕食の献立は、覚えていますか。なかなか難しいですね。でも、1年前の誰かの誕生日の夕食の献立はいかがでしょう。1カ月前の事は忘れているのに、1年も前のことは、覚えている。これが、人間の脳のおもしろいところで、そして、大切なところです。

 何か特別な日の献立は、その特別なことと関連して、何度も思い出します。だから、なかなか忘れません。この「関連して」と「何度も」が、脳の力を上げるキーワードなのです。

 脳のひとつの部屋に、その日の出来事がしまわれます。もう一つの部屋に、その日の献立がしまわれます。それぞれの部屋のドアが、その後も何度も何度も開けられれば、蝶番は錆びずに、スムーズに思い出せるという訳です。

 その日の出来事と献立は、もちろん別々に思い出されもしますが、この二つの部屋は、太い廊下でつながっているために、片方の部屋がノックされると、もう一つの部屋も、そのノックの音で開けられることが多くなります。

 その日の出来事を誰かに話したり、楽しく思い出したりしたときには、同時に、献立の部屋のドアも開くことが多いでしょう。逆に、その献立と同じ料理を偶然見たときに、その日の出来事がよみがえってくるということも起こるでしょう。この二つの部屋のドアは、他の単独の部屋のドアの2倍、開けられる可能性が出てきます。錆び付くまでに、2倍以上の期間がかかる、すなわち、長い間、思い出すことができるという訳です。

 アインシュタインの脳も、私たちの脳も、容量的には、それほど変わりはないそうです。ただ、部屋と部屋をつなぐ廊下が、複雑に入り組んでいて、ひとつの部屋をノックした時に同時に開くドアの数が、普通の人より多いので、人より多くの発想ができる仕組みになっているそうです。

 さて、では、この仕組みをどのように学習に生かせば、子供たちの力は伸びるのでしょうか。

 お子さんは、学校での出来事を、家族のだんらんの中で話しますか。授業について話しますか。

 子供たちの脳の細胞は、食事の好き嫌いをせず、よく遊び、十分睡眠をとれば、自然に毎日増えていきます。知識を入れる部屋がどんどん増えていくのです。

 もちろん、好き嫌いをして、片寄った食事をしたり、睡眠不足だったりすると、他の子より、脳細胞の増え方は、小さくなるでしょう。また、鍛えれば鍛えるほど筋肉が増えるのと同じように、その日のうちに、空の脳の部屋を全部埋めてしまえば、体は、寝ている間に、いつもより多い栄養を脳に送って、昨日用意した数よりも、もっと多い部屋を用意しようとするでしょう。

 しっかり集中して授業を受けさえすれば、お子さんの脳の部屋は、授業中に自然に埋まっていきます。(授業中、集中力が続かない子は、残念ですが、集中している子より、部屋の埋まり方は少ないでしょう。集中力については、次の機会にお話しします。)その部屋のドアが、いつまでもスムーズに開くようにしておけば、それを忘れない、いつでも思い出せる、という訳です。

 では、ずっと開けておけばいいではないか、と言われたこともありますが、それは、無駄であり、無理でもあります。・・・今日は「舌」という漢字を勉強した。それを忘れないために、ずっと「舌」という字を、頭の中に念じていよう。・・・これでは、生活できません。時々、上手にドアを開けてやり、蝶番が錆びないようにしてやるだけで、十分なのです。

 「今日、こんなことを学校でやったよ。」お子さんが、今日の出来事を家の人に話しているときは、その出来事が入った部屋のドアが開かれます。一度知識を入れて閉まったドアも、その日のうちに一度開けることで、錆び付くまでの時間が、随分延びます。

 また、ここで、話を聞いてくれる家の人が、それに関連した話をすると、お子さんの別の部屋にその知識は入り、学校で覚えたことの部屋と、太い廊下でつながります。すると、「特別な日の献立」のように、この先、ドアの開くチャンスは、さらに大きくなります。家族だんらんの中、大勢の人が、学校の話題に口をはさめばはさむほど、廊下でつながった部屋は、増えていきます。

 家族の会話を増やす。たったこれだけのことで、お子さんの「頭が良くなる」といっても、過言ではないでしょう。

 さて、部屋のドアを何度か効果的に開けるという考え方は、もちろん、お子さんの学習方法の基本になります。自分でそれを上手にやるかどうかで、12歳以降の学習の効率は変わってきます。今から、少しずつ、それについて考えていけば、間に合います。具体的な例を少しあげてみましょう。

 毎日、ほとんどの子が、漢字を100字くらい、家で練習してきます。同じだけやっているのに、漢字を書く実力には、かなり差があります。

 原因は、いろいろあります。一つは、気力です。一字書くごとに、「絶対覚えてやるぞ。」という気持ちで書いている子と、そうでない子との差は、やはり大きいものです。

 「絶対覚えてやるぞ。」と言う子の脳の部屋には、確実にその字は入りますが、そうでない子の脳の部屋には、入らないことが多いのです。特に「ながら勉強」をしている子の脳の部屋は、真剣に取り組んでいる子の半分も、漢字で埋まらないでしょう。テレビを見ながらやると、半分は、テレビのことが、脳の部屋に入ってしまうのです。

 また、「覚えた漢字は絶対使う」という気力も、そうでない子との差を大きくつけるでしょう。自分の気力で意識的にドアをノックするのですから、蝶番の錆びも、恐れをなしてしまいます。

 さて、気力は大切で欠くことができないものですが、そればかりでも普通の人間はうまくいきません。(星一徹には、なかなかなれません。)ちょっと工夫して、自然に、効果的に、ドアが開くような方法で勉強するのも大切です。この工夫を自分でできるようになれば、中学以降も、順調に伸びていきます。つまり、良く言われる「自主勉強」の種がここにあるのです。

 お子さんの漢字ノートをご覧ください。どんなふうに、毎日、漢字の練習をしていますか。

 同じ字を、1行、2行と並べている。毎日、毎日、ドリルの同じ箇所を写している。(そして、同じ字を毎日直されているのに気づかない。)

 もちろん、その子の力にあったやり方が基本ですから、全員がやり方をむりにそろえる必要はありません。しかし、全くの工夫なしでは、ドアは効率よく開かれません。では、これまでに私の出会った子供たちが、どんな工夫をしたかという例をあげてみましょう。   Q21へ   

   One of Crewへ     ホームへ