Emerson, Lake & Palmer


DISCOGRAPHY Part 03 (1970 - 1980)

 この時期については,ここに掲載したものの他に Keith Emerson 氏のサウンドトラックを始めとするソロ・アルバムや, Carl Palmer 氏が在籍した Asia のアルバム等,多くの作品が存在しますが,都合により省略させていただきました.ごめんなさい.




25

GREG LAKE

1981

★★★

 EL&P 解散後の1981年,イギリスのレディング・フェスティバルに出演した Lake 氏が,そのときのサポート・メンバーと製作したファースト・ソロ・アルバム.何と言っても Lake 氏と Gary Moore 氏の共演が話題を呼び,内容的にも両者の共同プロジェクト的で,日本では『グレッグ・レイク&ゲイリー・ムーア』というタイトルがつけられましたが,あくめで扱いは Lake 氏のソロ・アルバムです.

26

MANOEUVRES
/ Greg Lake

1983

★★★

 前作と同じメンバーによるセカンド・アルバム,というより,収録曲のほとんどは前作のレコーディング時に録音されたものらしいです.

27

GREG LAKE IN CONCERT

(1996)

★★★

 EL&P 解散直後, Lake 氏が '81年11月ロンドン・ハマースミス・オデオンにて Gary Moore 氏と行ったコンサート音源を収録したライヴ・アルバムで,ラジオ・ロック・ショウ "King Biscuit Hour" シリーズの1枚としてリリースされました.多くのベーシスト同様ギタリストからベーシストに転向した Lake 氏はこの一連のソロ活動においてはギターをプレイしています.




31

EMERSON, LAKE & POWELL

1986

★★★★

 Carl Palmer 氏に代わって Cozy Powell 氏をドラムスに迎えて結成された Emerson, Lake & Powell の唯一のアルバム.当初 "EL&P" を名乗ろうとしたが Palmer 氏からクレームがついたため名乗れなかったエピソードは有名.実力派 Cozy 氏のプレイは Palmer 氏と比べても遜色なく,結構良くできた作品だと思います. "Touch and Go" は名曲です.

32

LIVE IN CONCERT
/ Emerson, Lake & Powell

(2003)

★★★

 1986年10月4日,レイクランド・フロリダ・シヴィック・アリーナでのライヴを収録. 2003年にマンティコア・レーベルからオフィシャル・ブートレグとしてリリースされ, 2010年にジャケットを変更して再リリース. Cozy Powell さん亡き後,2度と実現しないユニットの希少なライブ音源.

33

The Sprocket Sessions
/ Emerson, Lake & Powell

(2003)

★★★

 同じく.2003年にマンティコア・レーベルからオフィシャル・ブートレグとしてリリースされ, 2010年にジャケットを変更して再リリースされた音源.

34

. . . TO THE POWER OF THREE
/ 3

1988

★★

 こちらは Lake 氏のかわりにアメリカ人の Robert Berry を迎えて結成された 3 の唯一のアルバム. Berry 氏はヴォーカル,ベース,ギター,ならびにキーボードを器用にプレイしていますが,やはり弱点となるのはヴォーカルで,どうしても Lake 氏と比べると弱く感じさせられてしまうのでした.また心なしか Emerson 氏もあんまり元気ないです.