仏像彫刻ワールド仏像彫刻教室TOP仏師仏像彫刻家 瑞雲仏像彫刻展
北千住駅ビル
ルミネ9F

 北千住
仏像彫刻教室 

仏像彫刻教室案内

●東京、北千住教室
足立区千住旭町42−2 北千住駅ビル「ルミネ」9F
(読売・日本テレビ文化センター北千住内)
電話 03-3870-2061
JR、東武、東京メトロ日比谷線、千代田線北千住駅


第2.第4土曜日午後3:45〜5:45クラス 午後6:00〜8:00クラス
授業料 お問い合わせ下さい
最初の講習、手板で業平菱紋を彫つています。小刀の使い方を拾得します。小刀を押して削る方法を押し刀といい、小刀を反対に引いて削るのを引き刀といいます。この引き刀が出来ないと木目に逆らわないで彫ることが出来ません。引き刀がない鎌倉彫と違う大きな点です。
こちらの若い女性も初心者のようですね。どなたでも最初は、この地紋彫りから始めます。
仏像彫刻教室生徒歴10年以上のベテランが彫つているのが持国天です。仏師、湯浅講師に指導してもらっています。中級科師範科クラスになるとご覧のように写真集などを見ながら自由な課題にも挑戦できます。
   

講師作品紹介

仏師 湯浅 瑞鳳
大地の徳、万物育成の力を神格化したのが地蔵菩薩といえます。大地は母ですから、子供の守り本尊として民衆の中に溶け込んで救いをもたらし深く慕われる私たちにとって身近に感じる菩薩です。室生寺金堂母屋に安置されている地蔵菩薩立像の納衣(のうえ)に刻まれた丸みのある稜線、右手の動きのある与願印のイメージをもとに、大地からわき出る力強いパワーを持ったお地蔵さんに表現しました。
 真言宗室生寺派大本山室生寺は、奈良県宇陀郡の室生山の中腹に堂塔が建つ山寺です。奈良時代の創建で、古くから女性の参拝を受け入れてきたことから女人禁制の高野山に対し「女人高野」と呼ばれています。
仏像事典 地蔵菩薩

仏像彫刻教室のカリキュラムとお話

 仏像彫刻教室生のためのお話

仏像とちょっとしたご縁

 お釈迦様が祇園精舎にいらしたときのお話です。酔っぱらいのバラモン(インド、バラモン教の僧)がやってきて、俺を仏教の坊主にしてくれと頼みました。酔っぱらいの頼みなので弟子たちは相手にしなかったのですが、お釈迦様は侍者に命じてその男の頭を剃って僧衣を着せました。
 次の日、男は酔いが醒めて、自分の頭が丸坊主になっているのに気づいて、逃げ帰った。弟子たちはお釈迦様に「どうして、出家する意志のない酔っぱらいを出家させたのですか」と問いました。
 お釈迦様は「たとえ冗談でも酔った勢いで、はじめて出家したいと、男の心に仏性が芽生えた。これまで生まれ変わり死に変わりする輪廻の間に、はじめてその気になった、これが縁で、いつの日か本当に出家することになろう。」と、ちょっとした縁が大事であることを教えられました。
 長い人生の間には、お寺巡りをしてみたい、法話をきいてみたい、仏像彫刻教室へ通って見たいと殊勝な心、仏心を起こすときがあります。そこで、仏像とご縁が出来て、本当に彫刻教室へ通えた人は幸福です。「無量寿経」に「仏に会うことは難しく、聞き難いこの教えを説く人に会うことも難しく、その教えを信じることは更に難しい。」とあります。

 カリキュラム
 仏像彫刻教室 入門課程 小刀の持ち方、使い方を覚える。

教室に入会されますと、まず最初に習うのが小刀の持ち方、使い方を覚えます。木には順目と逆目がありますので刀の使い方も順目と逆目では違えなくてはいけません。これが他の鎌倉彫などと違う点です。全く初めての方が覚えが早いようです。自己流でやってきた人は、まず自己流の悪い癖を取る必要があります。当方の教室は、小刀で日本の伝統模様である檜垣紋、業平菱紋(なりひらびしもん)などを手板で彫ります。これは運刀(うんとう)と言って、書道の運筆にあたるもので非常に重要な課程なのです。この課程は3〜4回の講習で終了します。

 初級課程 丸彫り彫刻に入る

彫刻刀セットを使用して仏足(仏様の足)から彫刻

入門課程で小刀の使い方がわかったら、彫刻刀セットを使用して仏足(仏様の足)を彫ります。最初の本格的彫刻ということになります。粗彫りの仕方や仕上げ方など、この仏足でしっかりと学びます。最初の仏足の出来上がりを見ますと、「この人は相当に上達して将来は綺麗な仏像を彫るようになるな」とか分かるものです。次に仏手も習います。次はお顔の彫り方を大黒天恵比寿天観音様不動明王という順序で習い、全体像に進んだとき苦労しないように習得します。

彫刻刀の研ぎ方を学ぶ

砥石の中砥石、仕上げ砥石を使って彫刻刀の研ぎ方を覚えます。丸刀の研ぎ方は、砥石に自分で溝を彫って研ぐやりかたですからどのような彫刻刀も自由に研げるようになります。当方の仏像彫刻教室では高齢でうまく刀が研げない方は講師に研いでもらえますからとても安心です。

全体像の作り方を学ぶ

だいたいの基礎が出来ましたので、地蔵菩薩釈迦如来、不動明王、観音像を順番に彫ります。出来上がり石膏見本がついていますから自宅でも見本をみながら彫り進められ、熱心な方は短期間に彫刻出来ます。

 中級課程と師範課程

中級科では出来上がり見本なしで、作図と写真のみで彫れるようになる段階です。木曽檜などの本格的材料を使用して阿弥陀如来弥勒菩薩、また毘沙門天鬼子母神といった天部など自由に挑戦できます。また、女性の受講生などかわいい仏像が好きな方にはアート仏像にも挑戦出来ます。師範課程は中級科で優れた技術があると認められた方、当方が主催する瑞雲流仏像彫刻展で多数受賞された方などが在籍できます。さらに技術を磨いて親戚や知人などから制作を依頼されるようなプロ級になりましょう。
 癒しの仏像かわいい仏様かわいい仏像・瑞雲仏  モダンでシンプル、円空や木喰風の瑞雲作オリジナル微笑仏。あなたもかわいい作品を彫りませんか?

お店 通信教育 癒しのアート
仏像ドットコム BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[京葉教室][町屋教室][金町教室][池袋教室][目黒教室][北千住教室][蘇我教室][アート仏像][仏像事典写真画像付き][仏像販売][お問い合わせ] お問い合わせはメ−ル
Copyright 2010-2020 仏像ドットコム・東洋仏所 仏師、松田瑞雲 仏像彫刻無断転用禁止