仏像彫刻展(第24回仏師瑞雲流仏像展)

仏像彫刻top 仏像彫刻展トップ 10回展 11回展 12回展
14回展 15回展 16回展 17回展 18回展 19回展 20回展
 21回仏像展 22回仏像展  23回仏像展       
三賞 佳作賞 奨励賞 講師作品 その他優秀作品とハイライト

2015年度仏像彫刻のテーマ 心穏やかに 奨励賞


受賞作品発表展2015年9/22〜9/27(船橋スクエア21)


奨励賞

阿弥陀三尊(三千院)

(師範科) 佐藤 嶽夫
 阿弥陀三尊で工夫した所ーー途中で思いついて、須弥壇を作成。苦労した所は(1)脇侍。京都で現物を拝観するも、かかとのあたりが死角ではっきりつかめず。その後、東博の国宝展に脇侍だけ出展されて、後ろから拝観できたのはラッキー。足元の幅が意外と広くとってあるので、作り直した            (2)細部の仕上げに苦労。もう一回り大きい像にしたほうがよかったのかもしれない。このせいで今は次の帝釈天様を大きめの材で挑戦中だが、削っても削っても削りがいのありすぎで、逆に苦労している。楽をしようなどと思ってはいけないのかなと反省中。 

仏像事典 阿弥陀三尊像
奨励賞
   

六地蔵


益子 道男作(中級科)
 妻の菩提供養のための百観音めぐりや お寺参りの中で多くの仏像に出会い、仏の慈悲深いお顔に接し、いつか自分でも彫ってみたい気持ちに。
 そのような中、瑞雲流彫刻展を見る機会 があり、松田先生の教室に入会。この度、一番好きな慈悲深いお顔の微笑み仏六地蔵に出会い、ぜひ彫ってみたい衝動にかられ挑戦。 見る人の心を和ませる六体それぞれの微笑するお顔を表現するのが、一番の苦労。
 妻の死後のどん底の中から、生きる力を 与えてくれた仏像彫刻に感謝・感謝。

仏像事典 六地蔵
 奨励賞  
   

不動明王立像


安部井 幹夫作(中級科)
 9月から中級科に進むことが出来、初級科最後の仏像彫刻展で不動明王立像が奨励賞を頂き、本当に嬉しい限りです。「相手のことを真に思い怒りで救済する」と言われている「明王」、それを理解し、姿、表情をどれだけ表現できたかはわかりませんが、やはりお顔を彫るのに一番苦労しました。
 今年は母が他界し、仏前に自分の作品を飾る事が出来ました。仏像彫刻をしてて本当に良かったと思ってます。中級科に進級し日々苦戦しておりますが、これからも焦らずゆっくり、見て「ほっ!」とするような作品が彫れるよう頑張って行きたいと思います。今後ともご指導宜しくお願い申し上げます。

仏像事典 不動明王立像
 奨励賞  
   

手板・阿弥陀手他


大山 勝(初級科)
 
仏像販売仏師、瑞雲の略歴(仏像彫刻家)仏師、瑞雲の彫刻展などイベント情報仏像の知識癒しの仏像かわいい仏様
TOP 通信教育 癒しのアート
仏像彫刻ワールド BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[京葉教室][町屋教室][金町教室][池袋教室][目黒教室][北千住教室]
[蘇我教室][仏像事典][仏像販売][お問い合わせ]

Copyright 2010-2020 松田瑞雲 無断転用禁止