仏像彫刻展(第22回仏師瑞雲流仏像展)

仏像彫刻top 仏像彫刻展トップ 10回展 11回展 12回展
14回展 15回展 16回展 17回展 18回展 19回展 20回展
 21回仏像展 22回仏像展         
三賞 佳作賞 奨励賞 講師作品 その他優秀作品とハイライト

2013年度仏像彫刻のテーマ 微笑む仏像 三賞


受賞作品発表展2011年9/17〜9/22(船橋スクエア21)

特別賞(テーマ賞) 芳尾富士子作(中級科)
 

七福神微笑仏

 七福神は微笑仏の中でも、とりわけ愛らしい仏様たちです。2頭身の小さな体に簡略形ながらも殆どの要素が入ります。おのおのが体型、持ち物すべて異なり、とりわけ、お顔がお顔を女性、少年、お爺さんと表情を彫りわけるのは難しい作業でした。完成して7人並んだときは、小粒ながらもインパクトのある作品になったなと思いました。

技能賞

重源像

(師範科) 湯浅 綾子
 木彫仏像は 油絵や粘土細工のようにやり直すことができないので 粗取の時から緊張する。重源は 実像を見ていない。幾枚かの写真を見て 前面 横面の図を描き 木に写した。レンズを通して観ているが 重源という老いた修行僧の念仏する姿には 静かな気迫がみなぎっていて それが彫る側にも伝わり 心が引き締まる。
 人間を彫るという肖像彫刻の奥深さ・面白さ これを彫った仏師の技の確かさ その技を少しでも学びたいと 真剣に取り組んだ。

仏像事典
技能賞
   

龍頭観音


梶原典夫作(師範科)
龍頭観音は三十三観音のひとつですが作品例がほとんどなく、通信教育生のため先生のご指導を受けるのも難しかったのですが、画像などの資料を参考にさせて頂いて自分でデッサンして挑戦しました。龍と観音様を一木で彫ることにしたために、材料の関係で一つ5分の大きさになりました。
 これまでに彫ったことがない小さい仏様で、お顔など細かい作業や、龍を彫るのに苦労しましたが良い勉強になったと思っています。技能賞、仏師号推薦を頂き有難うございました。
仏像事典 三十三観音

仏師号推薦 瑞康

今年の仏像彫刻展テーマについて
仏師瑞雲

簡単に彫れそうで意外と難しいのが微笑仏のお顔

 今年のテーマ「微笑む仏像」はストレスの多い現代にあって、人々に「微笑むことの大切さ」をおしえています。仏教の教えには、人間が、ともすれば地獄に落ちてしまう三毒の難が説かれます。
 三毒とは貪り(むさぼ)、怒り、痴(ち)で私たち人間にある貪欲といかりと愚痴のことです。貪欲とは物欲、食欲、性欲、金銭欲など「欲しい、欲しい」と思う心のことです。怒りは、ちょっとしたことにカーと切れて人様に傷を負わせたりします。愚痴は、愚かな心のことで、自分の思うようにならない現実に腹をたてて愚痴ばかり言っているような有様です。  これらは三つの内、一つでもあれば心安らかではなく夜も安穏に眠れません。このような状態がひどくなると地獄にいるような苦しみに遭います。
 「微笑む仏像」は、三毒の難にあわないよう、いつでも、すべてのことに感謝の念を持って心が微笑んでおられるよう、私たちの心をほぐしてくださるのではないでしょうか。「笑う門には福来たる」といいます。
 今年から目黒教室でも微笑仏六地蔵が中級科の必須課題になったこともあり、多くの生徒さんが仏の微笑に挑戦していらっしゃいます。簡単に彫れそうで意外と難しいのが微笑する仏像のお顔なんです。


 仏像彫刻教室案内
仏像販売仏師、瑞雲の略歴(仏像彫刻家)仏師、瑞雲の彫刻展などイベント情報仏像の知識癒しの仏像かわいい仏様
TOP 通信教育 癒しのアート
仏像彫刻ワールド BIWCC仏像彫刻通信講座 アート仏像、仏師瑞雲の微笑仏
[京葉教室][町屋教室][金町教室][池袋教室][目黒教室][北千住教室]
[蘇我教室][仏像事典][仏像販売][お問い合わせ]

Copyright 2010-2020 松田瑞雲 無断転用禁止